JR東、電気自動車「リーフ」のバッテリーを踏切に再利用

2021年2月9日(火)15時38分

踏切保安装置電源への活用イメージ
踏切保安装置電源への活用イメージ

JR東日本とフォーアールエナジーは9日、踏切の電源用バッテリーに、電気自動車の再生バッテリーを活用すると発表した。

JR東日本では、踏切のメンテナンス時などの一時的な停電時でも動作を継続できるよう、踏切を制御する踏切保安装置の全てにバッテリーを設置している。同社は今回、このバッテリーに電気自動車の再生品を採用することで、環境にやさしい電源装置の実現を目指す。

再生バッテリーは、日産自動車の電気自動車「リーフ」搭載品を再製品化したもの。再生バッテリーの利用により、バッテリー製造時に発生する温暖化ガスの低減や、コバルト、ニッケルといった、バッテリー資源の効率的な使用を促進する。また、従来の踏切用バッテリーは鉛蓄電池だったが、再生品バッテリーはリチウムイオン電池となる。そのため、充電時間の短縮や、遠隔での劣化状況把握が可能。耐用年数も延長でき、最大4割程度のコストダウンも実現するという。

再生バッテリーは、常磐線および水戸線の10か所程度の踏切に対し、4月以降に試行導入する予定。JR東日本では、実設備での効果を見極めた後、さらなる導入拡大を目指すほか、踏切保安装置での検討を踏まえ、無線通信装置や駅設備など、踏切以外の電源装置への活用を検討していくとしている。

2021年2月9日(火)15時38分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

北海道にキハ40系国鉄色

釧路エリアに、国鉄一般気動車標準色塗装のキハ40系が登場。4月3日にお披露目を実施。

画像

12200系引退記念グッズ

近畿日本鉄道が、12200系の引退記念乗車券とグッズを発売。乗車券はネットでの事前申込を受付。

画像

215系運用終了へ

「湘南ライナー」の廃止とともに、定期運用が消滅する2階建て車両の215系。運用消滅後の動向は?

画像

AF機能の使い分け

カメラマン助川康史さんによる連載。今回は、撮影シーンに応じたAF機能の使い分けをご紹介。

画像

185系記念入場券

「『メモリアル185』記念入場券」が、3月1日に発売。ゆかりのある各駅の入場券のほか、オリジナル方向幕が付属。

鉄道未来インデックス

  • JR東タッチでエキナカサービス開始[2021年3月13日(土)]
  • JRグループダイヤ改正[2021年3月13日(土)]
  • 東北新幹線上野~大宮間速度向上[2021年3月13日(土)]
  • 伯備線ICOCAエリア拡大[2021年3月13日(土)]
  • 常磐線各駅停車ATO導入[2021年3月13日(土)]
  • 東海道・山陽新幹線IC定期券サービス開始[2021年3月13日(土)]
  • 小田急電鉄QRコード活用ホームドア運用開始[2021年3月上旬]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: