2021年春より東海道線で特急「湘南」を運転、「湘南ライナー」は廃止へ

2020年11月12日(木)14時40分

東海道線用のE257系
東海道線用のE257系

JR東日本は12日、2021年春のダイヤ改正にあわせ、東海道線で特急「湘南」の運転を開始すると発表した。

特急「湘南」は、新宿・東京~小田原間で運転する列車。従来の「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」に代わり運転する。車両は特急「踊り子」に投入しているE257系を使用する。

あわせて、これまでE257系や185系を使用してきた特急「踊り子」は、E257系に統一。2021年春以降、東海道線の特急列車は、「サフィール踊り子」を除き、全てE257系での運転となる。

また、同社はE257系への車両統一にあわせ、東海道線特急の座席や料金制度を変更し、新たなサービスを導入すると発表した。

新たに導入するサービスは、常磐線や中央線などの特急列車で導入している形態と同じもの。普通車における指定席と自由席の区分を廃止し、普通車全座席が指定可能となる。特急券は、座席を指定した「指定席特急券」のほか、「座席未指定券」としての発行も可能。座席未指定券では空席を利用できるほか、追加料金なしで座席指定もできる。なお、空席がない場合は立席での利用となる。また、グリーン席では新サービスは導入しない。

新サービス導入後の特急券は、指定席特急券・座席未指定券とも同額での発売となるほか、通常期や繁忙期、閑散期の区別はなくなる。新たな料金は、50キロまでが大人760円、100キロまでが大人1020円などで、現在の指定席特急券料金より低料金となる。車内で特急券を購入する場合は、座席指定を受けることはできず、駅での購入料金に加え大人260円、子ども130円を追加した車内料金での発売となる。また、新サービスの導入にあわせ、「踊り子」と新幹線の乗継割引は廃止となる。「湘南」と新幹線の乗継割引も設定しない。

このほか、「踊り子」「湘南」に「えきねっとチケットレスサービス」を導入。チケットレスによる利用では大人100円、子ども50円を引いた料金で発売する。なお、チケットレスサービスは、伊豆急行線内、伊豆箱根鉄道線内の特急料金や、「サフィール踊り子」の特急料金は対象外となる。

2020年11月12日(木)15時31分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全120件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全826件

東海道線 特急湘南で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全369件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

鶏めし弁当、ほっきめし、鰊みがき弁当、鯵の押寿し、元気甲斐、村上牛しぐれ…

鉄道コムおすすめ情報

画像

賀正HM先行装着

12月4日~6日、大井川鉄道のSLかわね路号が、賀正ヘッドマークと日章旗を先行装着し運転。

画像

飛躍する特急「かもめ」

新幹線の列車名に採用された「かもめ」。古くは日本で4番目の特急にも使われた、歴史ある列車名称です。

画像

Classic8000編成変更

阪急神戸線の「Classic8000」装飾編成が、8000編成から8002編成に変更。11月27日運転開始。

画像

SLもおか重連運転

12月20日、真岡鉄道がSL・DLの重連・プッシュプル運転を実施。

画像

11月の鉄道イベント一覧

季節はもうすぐ冬。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • JR西日本・大阪メトロ連絡定期券発売[2020年12月8日(火)]
  • 現美新幹線運転終了[2020年12月19日(土)]
  • 区界駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 山田線川内駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 北海道新幹線青函トンネル区間時速210キロ走行[2020年12月31日(木)]
  • 東所沢駅リニューアル工事完了[2020年末]
  • 香椎線営業列車自動運転試験[2020年中]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: