JR北海道、2021年春に列車本数の削減を検討

2020年10月14日(水)16時4分

札幌~旭川間の特急「ライラック」
札幌~旭川間の特急「ライラック」

JR北海道は14日、2021年に実施予定のダイヤ改正において、利用状況にあわせて列車の本数や両数の削減を実施すると発表した。

同社は、新型コロナウイルスの影響で、国内旅行者やビジネス利用者、海外からの旅行者が減少しており、利用回復には相当な時間がかかると予想。さらにWeb会議の普及などでライフスタイルが変化していることも鑑み、利用状況にあわせたダイヤの見直しに踏み切るとした。

特急列車では、札幌~函館間の特急「北斗」は、定期列車12往復のうち、夜間帯1往復の運転取り止めを検討。さらに上下1往復を臨時列車とし、年間30日程度運休する。札幌~旭川間の特急「カムイ」「ライラック」は、定期列車24往復から定期列車22本と臨時列車2往復に変更。旭川~稚内間の特急「サロベツ」2往復は、1往復を臨時列車化し、年間30日程度運休する。旭川~網走間の特急「大雪」は、全列車を臨時列車とし、年間50日程度運休する。このほか、特急「北斗」は7両から、特急「おおぞら」は6両から、それぞれ5両に減車。利用状況に応じて増結する。

普通列車では、札幌圏では10本程度の列車の見直しを検討。加えて、10本程度の列車で土休日の運休を検討する。函館線滝川~旭川間、留萌線、石北線、宗谷線旭川~名寄間、根室線滝川~新得~帯広間の各線では、利用者の少ない列車の見直しを検討する。

このほか、極端に利用の少ない駅の見直しも検討。36駅について、廃止または自治体による維持管理への移行を沿線自治体と協議しているとし、うち18駅程度を廃止する方向で検討している。

ダイヤ改正は、2021年春を予定。JR北海道では、これらの施策の実施により、年間約5.5億円の経費を削減できるとしている。また、夜間帯の特急「北斗」の運転取り止めにより、夜間の保守作業に充てる時間の拡大が可能となり、作業の効率化も期待できるという。

2020年10月14日(水)16時4分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1369件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全794件

JR北海道 列車減便で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全23件

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

あなごめし、瀬戸の押寿司、島根牛みそ玉丼、越前かにめし、味の合掌造り…

鉄道コムおすすめ情報

画像

工事中の新幹線2路線の現況

工事中の「リニア中央新幹線」と「九州新幹線西九州ルート」。現在の工事状況や開業見込みは?

画像

ムーンライトながら廃止に

JR東日本・東海が、臨時夜行快速列車「ムーンライトながら」の運転終了を発表。昨年の3月でラストランに。

画像

JR東が新事業用車2形式導入

JR東日本が、事業用車「GV-E197系」「E493系」を導入。2021年春に首都圏で先行投入。

画像

京急が座席転換車両導入

京急が、ロング・クロスシートを切換可能な車両を導入。2021年春に営業運転開始。

画像

2022年度に量産車登場

JR東海のハイブリッド特急車両「HC85系」量産車は、2022年度に登場。翌年度にかけ「ひだ」「南紀」を置き換えへ。

画像

1月の鉄道イベント一覧

今年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 京阪3000系プレミアムカー導入[2021年1月31日(日)]
  • 東海道新幹線新型トロリ線摩耗検知システム導入開始[2021年2月ごろ]
  • 茂市駅新駅舎供用開始[2021年2月下旬]
  • JR東日本時差通勤・複数回利用ポイント還元サービス開始[2021年春]
  • 北大阪急行千里中央~新箕面間開業[2020年度]
  • JR東タッチでエキナカサービス開始[2021年3月13日(土)]
  • JRグループダイヤ改正[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: