鉄道コム

GWのJR利用、コロナ影響下で大幅減に

2020年5月7日(木)18時46分

JRグループ旅客各社は7日、ゴールデンウィーク期間中の主要路線の利用状況を発表した。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響で、各社新幹線、在来線ともに前年より大幅減となった。

集計の対象期間は、2020年4月24日(金)~5月6日(水)。各社とも期間中の臨時列車を運休したほか、「成田エクスプレス」などの一部定期特急列車を減便。JR九州では、5月2日(土)~6日の全在来線特急列車を運休した。

新幹線では、JR東日本の5つの新幹線が各線の単純合計で約29万人(前年比約5%)、東海道新幹線が約29万人(同6%)、九州新幹線が約4万人(同7%)、北海道新幹線が約0.4万人(同3%)。JR西日本は前年比の速報値を発表しており、山陽新幹線は前年比約5%、北陸新幹線は同3%だった。

在来線の特急列車では、JR東日本エリアの主要線区が約7万人(前年比約6%)、JR北海道の主要3線区が約2万人(同9%)、JR東海エリアが約1万人(同4%)、JR四国エリアの主要4線区が約6万人(同10%)、JR九州の主要2線区(長崎本線・日豊本線)が約3万人(同5%)。JR西日本は前年比の速報値を発表しており、全在来線特急の合計で前年比約5%だった。

近距離の普通列車では、JR東海の名古屋圏で同16%、JR西日本の近畿圏で同17%、JR北海道の札幌駅で同23%となった。

なお、5月4日に緊急事態宣言の期間延長が発表されたことにともない、各社とも臨時列車や一部定期列車の運休を継続している。JR東海は7日、東海道新幹線のさらなる運休を決定し、「のぞみ」の運転本数を1時間あたり3本程度とすると発表した。

2020年5月7日(木)18時46分更新

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの観光列車」に一票を

SLばんえつ物語、志国土佐時代の夜明けものがたり、くしろ湿原ノロッコ号、36ぷらす3…

鉄道コムおすすめ情報

画像

電気式気動車のしくみ

近年導入例が増えている、古くて新しい「電気式気動車」。そのシステムを解説します。

画像

「ふたつ星」外観デザイン

JR九州が「ふたつ星4047」外観などのデザインを発表。その改造種車の正体は……?

画像

伊豆急209系撮影会

伊豆急行が、無塗装の209系の撮影会を伊豆高原駅構内で開催。事前応募は不要。

画像

「SL銀河」運転終了へ

JR東日本が、キハ141系老朽化のため、2023年春での「SL銀河」運転終了を発表。

画像

12月の鉄道イベント一覧

2021年もあとわずか。12月の予定立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 松島海岸駅リニューアル駅舎供用開始[2021年11月15日(月)]
  • 本宮駅橋上駅舎供用開始[2021年12月18日(土)]
  • 伊予灘ものがたりキロ47形ラストラン [2021年12月]
  • 小田急電鉄小児IC運賃一律50円化[2022年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: