新型コロナウイルス

新型コロナを受けた鉄道各社の対応 臨時列車の運休や一部きっぷの発売中止

2020年4月11日(土) 鉄道コムスタッフ

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、4月7日に政府より出された緊急事態宣言。これを受け、鉄道会社各社ではどのような対応を取っているのでしょうか。

臨時列車は運休相次ぐ

緊急事態宣言が発表された翌日の8日、JR東日本はSL列車や観光列車などの「のってたのしい列車」を、5月末まですべて運休すると発表しました。同日には、SL「大樹」を運行する東武鉄道と、SL急行「かわね路」を運行する大井川鐵道も、両列車のゴールデンウィーク明けまでの運休を発表しています。

JR東日本が運行する「のってたのしい列車」の一つ、「HIGH RAIL 1375」。5月31日までの運休が発表されました
JR東日本が運行する「のってたのしい列車」の一つ、「HIGH RAIL 1375」。5月31日までの運休が発表されました
大井川鐵道のSL急行「かわね路」も運休となります
大井川鐵道のSL急行「かわね路」も運休となります

このほか、緊急事態宣言発表当日の7日には、政府の発表に先立ち、JR西日本が「SLやまぐち」や「花嫁のれん」など、全ての観光列車について、当面の間運転を見合わせると発表。このほか、これまでにも、西日本鉄道や会津鉄道、嵯峨野観光鉄道など、観光列車を運行する私鉄各社も、多くが運休を発表しています。

JR北海道では、4月の「くしろ湿原ノロッコ」を運休するほか、5月と6月に運転予定の「くしろ湿原ノロッコ」、「花たび そうや」についても、指定席の発売を見合わせる対応を取っています。

4月10日現在で、観光列車やイベント列車の運休などを発表しているのは、以下の各社です。

【4月末まで運休】

・JR北海道:くしろ湿原ノロッコ(4月29日・30日運休、5月・6月は指定券発売見合わせ)

・JR西日本:TWILIGHT EXPRESS 瑞風(4月22日出発分まで)

・JR四国:観光列車全列車(4月30日まで)、ゆうゆうアンパンマンカー(4月30日まで連結取り止め)

・わたらせ渓谷鐵道:トロッコわっしー号・トロッコわたらせ渓谷号(4月30日まで)

・伊豆急行:THE ROYAL EXPRESS(4月26日出発分まで)

・平成筑豊鉄道:レストラン列車「ことこと列車」(4月26日まで)

・肥薩おれんじ鉄道:おれんじ食堂(4月19日まで)

JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」などは、4月9日時点では同月末まで運休となっています
JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」などは、4月9日時点では同月末まで運休となっています

【ゴールデンウィーク明け頃まで運休】

・JR九州:JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」(5月6日まで)、A列車で行こう3・4号(5月10日まで)、かわせみ やませみ1・2号(5月10日まで)

・東武鉄道:SL大樹(5月5日まで)

・西武鉄道:52席の至福(5月6日まで)

・阪急電鉄:京とれいん 雅洛・京とれいん(5月6日まで)

・西日本鉄道:THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(5月6日まで)

・会津鉄道:お座トロ展望列車(5月6日まで)

・真岡鐡道:SLもおか(5月6日まで)

・長野電鉄:観光列車「のんびり号」(4月18日から5月6日まで)

・大井川鐵道:SL・ELかわね路号(5月8日まで)

・長良川鉄道:観光列車「ながら」(5月10日まで)

・しなの鉄道:ろくもん(5月11日まで)

・えちごトキめき鉄道:えちごトキめきリゾート雪月花(5月10日まで)

・あいの風とやま鉄道:一万三千尺物語(5月5日まで)

・嵯峨野観光鉄道:全列車(5月6日まで)

・島原鉄道:しまてつカフェトレイン(5月4日まで)

5月6日まで運休となっている、西武鉄道の「52席の至福」
5月6日まで運休となっている、西武鉄道の「52席の至福」

【5月中旬以降まで運休】

・JR東日本:TRAIN SUITE 四季島(5月16日出発分まで)、のってたのしい列車全列車(5月31日まで)

・JR九州:ななつ星in九州(5月19日出発分まで)

・京都丹後鉄道:丹後あかまつ号(5月29日まで)、丹後くろまつ号 大人のスイーツコース、丹後地肴コース(5月31日まで)

・大井川鐵道:きかんしゃトーマス号(6月15日まで)

【当面の間運休】

・JR西日本:観光列車全列車

・小湊鉄道:房総里山トロッコ列車

・いすみ鉄道:土休日運転の急行列車

・富士急行:富士登山電車

・のと鉄道:のと里山里海号

・平成筑豊鉄道:北九州銀行レトロライン

・南阿蘇鉄道:トロッコ列車(一部ダイヤは一般車両で代替運転)

・鹿児島市交通局:観光電車「かごでん」定期観光コース(車両は一般列車で運転)

小湊鐵道の「房総里山トロッコ列車」は、当面の間運休となっています
小湊鐵道の「房総里山トロッコ列車」は、当面の間運休となっています

なお、新型コロナウイルス感染防止によるものではありませんが、秩父鉄道が運行するSL「パレオエクスプレス」は、けん引機関車の検査のため、2020年度の運転予定はありません。

次のページ
列車のサービス提供中止

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「路面電車」に一票を

広島電鉄、鹿児島市電、とさでん交通、嵐電、富山地方鉄道、東急世田谷線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

虎ノ門ヒルズ駅

6月6日、日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」が開業。同日、「THライナー」の運転も開始。

画像

伊豆急が「インフラドクター」導入

検測用自動車を用いる「鉄道版インフラドクター」が、6月中旬より伊豆急行線で運用開始。

画像

車両数日本一のE233系

209系やE231系に続く、JR東日本第3世代として登場したE233系。その設計思想や来歴をご紹介。

画像

夏の北海道、懐かしの車両

フラノエクスプレス、C62ニセコ号、711系マリンライナー……平成2年夏、北海道では多彩な車両が走っていました。

画像

新宿駅自由通路

7月19日、新宿駅の東西自由通路が供用開始。あわせて一部改札口の名称を変更。

画像

6月の鉄道イベント一覧

今年も梅雨のシーズンがやってきました。6月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報。