鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR九州、D&S列車「36ぷらす3」の車内レイアウトを発表

2019年12月23日(月)17時33分

ビュッフェ(イメージ)
ビュッフェ(イメージ)

JR九州は、新たに導入するD&S列車「36ぷらす3」の車内レイアウトを発表した。

36ぷらす3は、787系を改造するD&S列車。787系の面影を残しつつ、「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった"走る九州"といえる列車」をコンセプトに改造する。編成は、1~3号車がグリーン個室、4号車がマルチカー、5・6号車が座席タイプのグリーン席。3号車には、ビュッフェも設置する。

グリーン個室は、1号車が定員4人、2号車が定員6人、3号車が定員6人と、3パターンを用意する。1号車では、既存の個室1室に加え、3室を新設。新設する個室はパーテーションの高さを抑え、明るく開放的な空間とする。

3号車のビュッフェでは、九州特産の飲食品を提供。立席タイプのテーブルのほか、一部には座席を設置。「スーパーエッグライン」と呼ばれるドーム型の天井も、在来線特急「つばめ」時代同様、ビュッフェの内装として活かす。

4号車のマルチカーは、共用スペースとして提供。くつろぎスペースとしての利用のほか、カウンターでの商品・飲食品販売などのサービス提供も可能となっている。

36ぷらす3は、2020年秋に運行開始予定。木曜日から月曜日にかけて、九州7県をめぐる経路で運行する。

2019年12月23日(月)17時33分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。