JR九州が新たな観光列車「36ぷらす3」を導入、787系ビュッフェが復活

2019年11月21日(木)14時30分

36ぷらす3(イメージ)
36ぷらす3(イメージ)

JR九州は21日、新たなD&S列車「36ぷらす3」を、2020年秋より運行開始すると発表した。

36ぷらす3は、787系を改造するD&S列車。「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった"走る九州"といえる列車」がコンセプト。列車名は、世界で36番目に大きな島である九州や、「39(サンキュー!)=『感謝の輪』」を広げる、などの意味を持たせたという。

車両は6両編成で、全席グリーン席。定員は100人程度を予定する。特急「つばめ」時代に営業していた「ビュッフェ」も、車内に設置する。

運行ルートは、木曜日から月曜日にかけて、九州7県をめぐる経路を予定する。木曜日に博多~熊本~鹿児島中央間、金曜日に鹿児島中央~宮崎間、土曜日に宮崎空港・宮崎~大分・別府間、日曜日に大分・別府~門司港~小倉~博多間、月曜日に博多~佐賀~長崎間の往復を運転。この5日間1セットのルートを、年間45週程度運転する予定としている。各日とも日中時間帯の運転で、「ななつ星」のような夜行列車としては運転しない。

JR九州は、ダイヤや運転日、販売方法、サービス概要などについては、決まり次第発表するとしている。

2019年11月21日(木)14時30分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全30件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全16件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い譲渡車両に一票を

青い森701系、富士急行8500系、大井川鐵道7200系、紀州鉄道KR301、筑豊電気鉄道2000形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

長崎駅に新駅ビル

新幹線長崎開業と連動し、長崎駅に新駅ビルを建設。グランドオープンは2025年度を予定。

画像

700系ラストラン

東海道新幹線ラストランは3月8日。2月からは2編成に引退記念装飾を実施。

画像

新京成の新型車両80000形

新技術の採用や、新たな価値の創造がコンセプト。デビューは12月27日。

画像

新駅には新型改札機を導入

高輪ゲートウェイ駅に新型改札機を導入。同駅ではロボットの試行導入も。

画像

みなとみらいにロープウェイ

桜木町駅前から運河パークまでの約650メートル。2020年度末運行開始予定。

画像

12月の鉄道イベント一覧

2019年もあとわずか。12月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • JR東日本接客制服リニューアル[2020年5月1日(金)]
  • 本宮駅橋上駅舎供用開始[2020年春ごろ]
  • メトロ日比谷線霞ケ関~神谷町間新駅暫定開業[2020年6月6日(土)]
  • JR東海N700S営業列車投入[2020年7月]
  • 川越線川越駅リニューアル竣工[2019年7月]
  • 新大久保駅改良工事竣工[2020年]
  • 北神急行電鉄線譲渡[2020年度中]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: