大阪メトロ、顔認証機能つき次世代改札機の実証実験を開始

2019年11月25日(月)16時19分

次世代改札機(イメージ)
次世代改札機(イメージ)

大阪メトロは25日、顔認証を用いた次世代改札機の実証実験を開始すると発表した。

この次世代改札機は、顔認証によりチケットレスを実現するためのもの。改札機に備え付けたカメラで顔を捉え、画像から特徴点を抽出。サーバーに保存されている事前登録済み顔写真データと照合し、データが一致すればゲートを開閉する仕組みとなっている。また、顔認証とあわせ、QRコードを用いた入出場の実験も実施する。

実験は、大阪メトロの社員を対象に実施。ドーム前千代崎、森ノ宮、動物園前、大国町の各駅に、一般利用者用改札機とは別に実験用の改札機を設置する。実験期間は、12月10日から2020年9月30日までを予定する。

大阪メトロでは、今回の実証実験によって実用化に向けた課題抽出や検討基礎データ取得に取り組み、2024年度に全駅で顔認証によるチケットレス改札の導入を目指すとしている。

2019年11月25日(月)16時19分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全4件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全6件

鉄道コムお知らせ

画像

高速SDカードをプレゼント

鉄道コムへのアンケートのご回答で、高速SDカードなどの賞品を抽選で20名さまにプレゼント

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い譲渡車両に一票を

青い森701系、富士急行8500系、大井川鐵道7200系、紀州鉄道KR301、筑豊電気鉄道2000形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

3020系記念乗車券

東急3020系のデビューを記念して、12月7日にクリアファイルつきの記念乗車券が発売。

画像

「ひのとり」試乗会

2020年春デビューの新型名阪特急「ひのとり」に、一足早く乗車できる試乗会が開催。お披露目会や撮影会も。

画像

新駅には新型改札機を導入

高輪ゲートウェイ駅に新型改札機を導入。同駅ではロボットの試行導入も。

画像

キハ40形を投票で塗色変更

JR北海道が、キハ40形の塗色を投票によって変更。キハ183系風や 快速「ミッドナイト」風など6種。

画像

ついに開業、「相鉄・JR直通線」

相鉄・JR直通線で、鉄道ファンが注目したいポイントはこちらをどうぞ。

画像

12月の鉄道イベント一覧

2019年もあとわずか。12月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 快速エアポート増発[2020年春]
  • H100形電気式気動車営業運転開始[2019年度]
  • キハ261系5000代運転開始[2020年秋]
  • 有楽町線・副都心線17000系導入開始[2020年度]
  • メトロ13000系・東武70000系導入完了[2020年度]
  • 半蔵門線18000系導入開始[2021年度]
  • 南北線8両編成運転開始[2022年度]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: