常磐線でSuica利用可能エリアを拡大、JR東

2019年10月29日(火)14時21分

新たにSuicaが利用可能となるエリア
新たにSuicaが利用可能となるエリア

JR東日本は29日、Suicaの利用可能エリアを拡大すると発表した。

新たにSuicaが利用可能となるのは、常磐線の草野~浪江間の各駅と、磐城太田駅、小高駅の計15駅。草野~浪江間は首都圏エリア、磐城太田駅、小高駅は仙台エリアに含まれ、両エリアをまたがっての利用はできない。

同社はSuicaエリア拡大にあわせ、「大都市近郊区間」も拡大。東京近郊区間はいわき~浪江間が、仙台近郊区間は原ノ町~小高間が、それぞれ追加となる。

Suicaエリアの拡大は、2020年春を予定。Suicaのほか、相互利用可能な交通系ICカードが利用できるようになる。

2019年10月29日(火)14時21分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全9件

鉄道コムおすすめツアー

画像

「華」で館山日帰りの旅

千葉応援企画として、12月15日にお座敷車両「華」に乗車するツアーが開催。

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急たぴおおおか駅

京急のコラボ駅名、今回は「すみっコぐらし」とコラボで、上大岡駅が「たぴおおおか駅」に。

画像

北野白梅町駅がリニューアル

嵐電の北野白梅町駅がリニューアルへ。2020年3月、駅とバス停の一体化やホーム延伸工事が竣工。

画像

東京メトロ17000系の詳細公表

東京メトロ有楽町線・副都心線に来年度導入予定の17000系。その仕様や設備など、詳細が発表。

画像

岳南9000形が1周年

岳南電車の9000形が1周年。11月17日にヘッドマークの掲出を始めるほか、ツアー列車の運転や記念グッズの販売も。

画像

ウィング・シートを体験

10月26日に提供を開始した京急の着席サービス「ウィング・シート」。初日に体験してみました。

画像

11月の鉄道イベント一覧

11月も数多くのイベントが開催されます。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 相鉄・JR直通線開業[2019年11月30日(土)]
  • 新京成電鉄80000形営業運転開始[2019年冬]
  • 京急ミュージアムオープン[2020年1月21日(火)]
  • 秋田内陸縦貫鉄道AN8905号リニューアル車両導入[2020年2月上旬]
  • 近鉄22000系、30000系などカラーリング変更完了[2019年度]
  • 常磐線Suica利用可能エリア拡大[2020年春]
  • 磐越西線指定席着席サービス導入[2020年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: