JR東、磐越西線に指定席着席サービスを導入

2019年10月25日(金)17時37分

指定席車両(イメージ)
指定席車両(イメージ)

JR東日本仙台支社は25日、磐越西線に指定席着席サービスを導入すると発表した。

指定席は、磐越西線を走るE721系に導入。1両の約半分を半個室空間とし、リクライニングシートを14席設置する。指定席区画と判別できるよう、車両側面にもラッピングを施す。

着席サービスの開始時期は、2020年春ごろを予定。磐越西線の郡山~会津若松間を走る一部列車を対象に導入する。指定席の利用には、乗車券などに加えて指定席券の購入が必要で、駅窓口や指定席券売機のほか、空席がある場合に限り車内でも発売する。

指定席着席サービスは、JR東日本と福島県、会津若松市の間で締結した「会津若松駅前広場の整備等を起点とした会津地域の観光振興等に関する包括連携協定」の一環として取り組むもの。仙台支社は、指定席車両内で観光情報を発信し、会津地域を盛り上げていくとしている。

2019年12月13日(金)18時17分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全61件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全221件

磐越西線 指定席で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全16件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深いリバイバルカラーに一票を

近鉄6020系ラビットカー、キハ66系国鉄急行色、富士急1200形旧標準色、上信700形107系…

鉄道コムおすすめ情報

画像

タッチしやすい自動改札機

ICカードとQRコードに対応した新型自動改札機の実証実験がスタート。新宿駅設置分のICタッチ部は2月1日から。

画像

よみがえった京急デハ236

京急前身路線の開業時に導入され、現在は京急ミュージアムに展示されているデハ236。その波乱な経歴とは。

画像

春日部駅付近の高架化計画

東武と埼玉県が、連続立体交差事業の施工協定を締結。事業完成予定は2031年度。

画像

山手線E231系引退

1月24日の東京総合車両センター入場により、山手線からE231系500番台が撤退しました。その歴史をたどります。

画像

桜木町に開業時の車両を展示

6月に桜木町駅横で開業する複合ビルに、日本初の鉄道開業時の車両「110形蒸気機関車」を展示。

画像

1月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年。1月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 秋田内陸縦貫鉄道AN8905号リニューアル車両導入[2020年2月上旬]
  • 東海道新幹線700系営業運転終了[2020年3月8日(日)]
  • 常磐線Suica利用可能エリア拡大 [2020年3月14日(土)]
  • 常磐線全線直通特急運転再開[2020年3月14日(土)]
  • E261系営業運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 新潟地区GV-E400系投入完了[2020年3月14日(土)]
  • 田町~品川間新駅暫定開業[2020年3月14日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: