JR3社が新幹線IC定期券サービスを拡大、TOICAエリアも熱海駅など追加へ

2019年9月20日(金)14時31分

ICサービスエリアをまたがる在来線IC定期券
ICサービスエリアをまたがる在来線IC定期券

JR東日本とJR東海、JR西日本は20日、在来線と新幹線におけるIC定期券のサービス向上策を発表した。

在来線では、各社のICカードサービスエリアをまたがる定期券について、SuicaやTOICA、ICOCAで購入可能となる。従来では小田原~熱海~沼津間のように各社のサービスエリアをまたぐ場合はIC定期券としては発券できなかったが、これを改善する。なお、各社のサービスエリアをまたがり、かつ定期券区間外まで乗車する場合は、自動改札は利用できない。

新幹線では、新幹線定期券「FREX」FREX」「FREXパル」を交通系ICカードでも発売する。新幹線の通勤・通学利用者もIC定期券をタッチして新幹線に乗車できるようになるほか、紛失時の再発行も可能となる。

また、在来線区間のIC定期券による「新幹線乗車サービス」を、従来のJR東日本管内やJR東海管内の一部エリアに加え、東海道・山陽新幹線の東京~新岩国間でも導入する。定期券区間内に新幹線停車駅が2駅以上含まれる在来線IC定期券が対象で、自動改札機を利用して、チャージ額で新幹線普通車自由席に乗車できる。

このほか、今回のサービス向上にあわせて、JR東海のICカード乗車券「TOICA」のサービスエリアを、熱海、国府津、米原の各駅まで拡大する。これにより、3駅からTOICAエリア内までの乗車時にも、交通系ICカードの利用が可能となる。JR3社は今回のサービス向上策について、2021年春より開始するとしている。

2019年9月20日(金)14時31分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全4件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

鶏めし弁当、ほっきめし、鰊みがき弁当、鯵の押寿し、元気甲斐、村上牛しぐれ…

鉄道コムおすすめ情報

画像

3000系プレミアムカー

京阪3000系のプレミアムカーが、2021年1月31日に営業開始。同日に京阪線のダイヤを変更。

画像

150年前の築堤を保存へ

品川エリアで150年前の「高輪築堤」が出土。JRは保存や一般公開を検討。

画像

ロマンスカー10両を展示

「ロマンスカーミュージアム」の展示詳細が発表に。LSEの実物運転台によるシミュレーターも。

画像

年に1度のアンケート

鉄道コムアンケート実施中。みなさんの声をお寄せください。1万円分のAmazonギフト券を抽選で進呈します。

画像

北鉄8903+8913号運転終了

12月18日、北陸鉄道の8000系8903+8913号車が営業運転を終了。19日は撮影会を開催。

画像

12月の鉄道イベント一覧

波乱の2020年もあとわずか。12月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • JR西日本・大阪メトロ連絡定期券発売[2020年12月8日(火)]
  • 現美新幹線運転終了[2020年12月19日(土)]
  • 区界駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 山田線川内駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 北海道新幹線青函トンネル区間時速210キロ走行[2020年12月31日(木)]
  • 東所沢駅リニューアル工事完了[2020年末]
  • 香椎線営業列車自動運転試験[2020年中]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: