鉄道コム

JR3社が新幹線IC定期券サービスを拡大、TOICAエリアも熱海駅など追加へ

2019年9月20日(金)14時31分

ICサービスエリアをまたがる在来線IC定期券
ICサービスエリアをまたがる在来線IC定期券

JR東日本とJR東海、JR西日本は20日、在来線と新幹線におけるIC定期券のサービス向上策を発表した。

在来線では、各社のICカードサービスエリアをまたがる定期券について、SuicaやTOICA、ICOCAで購入可能となる。従来では小田原~熱海~沼津間のように各社のサービスエリアをまたぐ場合はIC定期券としては発券できなかったが、これを改善する。なお、各社のサービスエリアをまたがり、かつ定期券区間外まで乗車する場合は、自動改札は利用できない。

新幹線では、新幹線定期券「FREX」「FREXパル」を交通系ICカードでも発売する。新幹線の通勤・通学利用者もIC定期券をタッチして新幹線に乗車できるようになるほか、紛失時の再発行も可能となる。

また、在来線区間のIC定期券による「新幹線乗車サービス」を、従来のJR東日本管内やJR東海管内の一部エリアに加え、東海道・山陽新幹線の東京~新岩国間でも導入する。定期券区間内に新幹線停車駅が2駅以上含まれる在来線IC定期券が対象で、自動改札機を利用して、チャージ額で新幹線普通車自由席に乗車できる。

このほか、今回のサービス向上にあわせて、JR東海のICカード乗車券「TOICA」のサービスエリアを、熱海、国府津、米原の各駅まで拡大する。これにより、3駅からTOICAエリア内までの乗車時にも、交通系ICカードの利用が可能となる。JR3社は今回のサービス向上策について、2021年春より開始するとしている。

2019年9月20日(金)14時31分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

789系、E235系、E655系、211系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

「East i」見学ツアー

白石蔵王駅で、新幹線検測車「East i」の車内外を見学できるツアーが、9月11日に開催。

画像

「スーパーはつかり」が復活

9月4日、団体臨時列車として「スーパーはつかり」復活。18日には八戸発「つがる」リバイバルも。

画像

1800系塗装リバイバル

「りょうもう」用200型2編成が、1800系塗装に。8月7日から順次運転を開始。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年7月1日(木)]
  • 岳南富士岡駅電気機関車公園開業[2021年8月21日(土)]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: