「座席後ろのスペース」が予約制に、東海道新幹線などで荷物置場事前予約制を導入

2019年8月29日(木)19時6分

座席と荷物置場の位置関係
座席と荷物置場の位置関係

JR東海、JR西日本、JR九州は29日、東海道・山陽・九州新幹線を対象に、特大荷物置場の設置と、特大荷物の事前予約制を導入すると発表した。

事前予約制の対象となる荷物は、3辺の合計が160センチメートル超250センチメートル以内のもので、これを「特大荷物」と位置付ける。新幹線の荷物棚には収納できないサイズで、国際線航空機における有料預入荷物のサイズに相当する。

特大荷物置場は、客室内最後部の座席後方スペースを、新たに予約専用スペースとして設定。また、車内デッキ部の一部洗面所を改装し、二重ロック方式を採用した「荷物コーナー」も、一部編成を除き設定する。

特大荷物置場の利用には、ネット予約サービスや券売機、きっぷうりばにて、事前に予約する必要がある。予約にあたっての追加料金は不要だが、事前予約なく特大荷物を車内に持ち込んだ場合、持込手数料1000円が必要となる。

JR3社は、特大荷物事前予約制の導入について、新幹線車内に大型荷物を持ち込む乗客が増えているほか、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催期間中には大型荷物持込客のさらなる増加が予想されることを理由としている。

特大荷物の事前予約制は、2020年5月中旬の乗車分より導入。1か月前の4月中旬より予約を受け付ける。なお、洗面所を改装し設ける荷物コーナーは、整備が完了する2023年度よりサービスを開始する。

2019年8月29日(木)19時6分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2件

鉄道コムおすすめ情報

画像

SR1系デビュー

7月4日、しなの鉄道のSR1系が、営業運転を開始。土休日は「軽井沢リゾート号」などで運転。

画像

夜行急行三峰

秩父鉄道の電気機関車と12系によるツアー列車。電気機関車を運転できるオプショナルツアーも。

画像

ありがとう リゾートみのり

運転終了が延期となっていた「リゾートみのり」。ラストラン列車が8月8日~10日に運転。

画像

N700Sのチェックポイント

東海道新幹線の新型車両「N700S」がいよいよ7月にデビュー。N700系との比較ポイントなどを紹介します。

画像

「36ぷらす3」10月デビュー

JR九州のD&S列車「36ぷらす3」が10月15日に営業運転を開始。5日かけて九州を周遊。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 川越線川越駅リニューアル竣工[2020年7月]
  • ロイヤルエクスプレス北海道運行[2020年8月~9月]
  • 新大久保駅改良工事竣工[2020年]
  • 横浜駅改札内新通路使用開始[2020年夏]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: