営業列車も「ドクターイエロー」に、東海道新幹線N700Sに計測システムを搭載へ

2019年8月7日(水)14時34分

地上設備計測システムの概要
地上設備計測システムの概要

JR東海は7日、次期新幹線車両「N700S」の営業車で、地上設備の計測を実施すると発表した。

検測に用いるのは、新開発した「トロリ線状態監視システム」「ATC信号・軌道回路状態監視システム」と、既存の「軌道状態監視システム」を改良した3つの状態監視システム。これらにより、架線やATC信号、軌道の状態を計測し、一部のデータを定期的に、またはリアルタイムに、関係機関に送信。タイムリーな保守作業の実現を目指す。

同社では現在、東海道新幹線において、検査用車両「ドクターイエロー」を用い、軌道や電気設備の検測を実施している。また、N700系の一部編成に「軌道状態監視システム」を搭載し、走行中の営業列車で軌道の状態を計測している。

同社では同システムの機能を強化したシステムのほか、トロリ線とATC信号・軌道回路の状態を計測するシステムを開発。これら3システムの実用化の目処が立ち、N700S営業車で計測を実施することとした。

状態監視システムは、N700Sの営業車3編成に搭載。また、軌道状態のより高頻度な計測に向け、別の3編成にも軌道状態監視システムを搭載する。JR東海では、2021年3月までにN700S確認試験車にて計測機器の長期耐久性などを確認し、同年4月以降にシステムを搭載した編成の運転を開始するとしている。

2019年8月7日(水)14時34分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全13件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全24件

N700Sで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全19件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い譲渡車両に一票を

青い森701系、富士急行8500系、大井川鐵道7200系、紀州鉄道KR301、筑豊電気鉄道2000形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

長崎駅に新駅ビル

新幹線長崎開業と連動し、長崎駅に新駅ビルを建設。グランドオープンは2025年度を予定。

画像

700系ラストラン

東海道新幹線ラストランは3月8日。2月からは2編成に引退記念装飾を実施。

画像

新京成の新型車両80000形

新技術の採用や、新たな価値の創造がコンセプト。デビューは12月27日。

画像

新駅には新型改札機を導入

高輪ゲートウェイ駅に新型改札機を導入。同駅ではロボットの試行導入も。

画像

みなとみらいにロープウェイ

桜木町駅前から運河パークまでの約650メートル。2020年度末運行開始予定。

画像

12月の鉄道イベント一覧

2019年もあとわずか。12月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 田町~品川間新駅暫定開業[2020年春]
  • 踊り子用E257系営業運転開始[2020年春]
  • 常磐線Suica利用可能エリア拡大[2020年春]
  • 磐越西線指定席着席サービス導入[2020年春]
  • 大船渡線・気仙沼線BRT新駅開業[2020年春]
  • きのくに線ICOCAエリア拡大[2020年春]
  • 新型名阪特急運転開始[2020年3月14日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: