JR九州、ドローンを活用した鉄道施設点検ソリューションを開発

2019年7月12日(金)15時1分

懐かしの鉄道写真コンテスト 懐かしの鉄道写真コンテスト
ドローンによる鉄道施設点検
ドローンによる鉄道施設点検

JR九州は10日、ドローンの開発・ソリューション事業などを展開するA.L.I.Technologiesと共同で、ドローンやAIを用いた鉄道施設の点検ソリューションを開発したと発表した。

今回のソリューションは、ドローン管制システムなど、A.L.I.が所有する「空のインフラ」に関する特許群と技術をベースに、JR九州が持つ、鉄道施設における画像解析を活用した調査や点検、枯れ木の早期発見技術などを掛け合わせた。これにより、労働力不足やインフラ老朽化、自然災害への対応といった課題の解決を、ドローンやAIの活用によって実現する。

両社はこの鉄道施設点検ソリューションの開発・実験を、2017年より取り組んできたという。今後は点検の効率化や高度化に加え、安全管理等の各種オペレーション改善へ向けた共同開発を進め、数年以内の点検ソリューション運用開始を目指す。

JR九州とA.L.I.は、点検ソリューションの導入により、さらに安全かつ効率的な鉄道運営を実現するとしている。

2019年7月12日(金)15時1分更新

鉄道コムおすすめ情報

画像

「懐かしの鉄道写真展」開幕

朝日新聞東京本社で「懐かしの鉄道写真展」が開催。開催期間は9月14日~27日。10月には大阪本社でも。

画像

七尾線に521系

2020年秋ごろより、七尾線に521系を導入。翌年からはICOCAサービスの導入も。

画像

上信150形引退

9月23日に上信電鉄150形のクモハ153・154号が営業運転を終了。同社最後の150形が引退へ。

画像

「エアポート」に特別快速

2020年春に快速「エアポート」が毎時1本増発へ。うち朝夕の計4本は特別快速として運転。

画像

秋田内陸線に新たな観光列車

秋田内陸縦貫鉄道が新しい観光列車を2020年2月に導入。導入にあたり、名称の公募も。

画像

旧型客車をリニューアル

2020年4月、高崎エリアを走るSL列車の旧型客車がリニューアル。現行の内装での運行は10月28日まで。

画像

9月の鉄道イベント一覧

季節は秋へ。9月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 鉄道各社運賃改定[2019年10月1日(火)]
  • 沖縄都市モノレール首里~てだこ浦西間延伸開業[2019年10月1日(火)]
  • 京阪八幡市駅・深草駅駅名変更[2019年10月1日(火)]
  • 南町田駅駅名改称[2019年10月1日(火)]
  • 相鉄・JR直通線開業[2019年11月30日(土)]
  • 新京成電鉄80000形営業運転開始[2019年冬]
  • 秋田内陸縦貫鉄道AN8905号リニューアル車両導入[2020年2月上旬]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: