2030年代につくばエクスプレスを8両化、首都圏新都市鉄道

2019年6月3日(月)18時28分

つくばエクスプレスの車両
つくばエクスプレスの車両

首都圏新都市鉄道は5月31日、同社が運行するつくばエクスプレスを8両編成化すると発表した。

つくばエクスプレスは、東京都の秋葉原駅と、茨城県のつくば駅を結ぶ路線。2005年の開業以来沿線人口が増加しており、2018年度の朝ラッシュ時間帯混雑率は169%を記録している。2020年春には朝ラッシュ時の運転本数を現在の22本から25本へ増やすが、将来的にはさらに利用者の増加が見込まれる。同社は抜本的な対策として、今回の8両編成化事業に踏み切った。

8両編成化に際しては、各駅のホームや車両留置線の延伸、総合基地や変電所、各種設備の新増設を実施する。ホーム延伸については、秋葉原駅では約20か月の工事期間を見込んでいる。また、車両の調達も実施する。

8両編成化事業の設備供用開始時期は、2030年代前半を予定する。事業費は、設備関係の工事費が360億円程度で、車両調達費は未定。首都圏新都市鉄道はこの事業の実施により、輸送力を30%程度増強し、混雑率を150%以下まで低減するとしている。

2019年6月3日(月)18時28分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全17件

鉄道コムおすすめ情報

画像

秩父鉄道120周年記念酒号

6月22日、SLパレオエクスプレスが「SL秩父鉄道創立120周年記念酒号」として運転。

画像

富士急90周年車両

6月22日、富士急行6000系による「90周年記念車両」がデビュー。ポイントは、金色の塗装、富士山のデザインなど。

画像

京急800形、引退記念列車

京急の特別貸切列車「ありがとう800形」が品川~久里浜工場間で運転。車両基地でのイベントの様子も。

画像

JR東日本の新たな訓練施設

駅社員の教育・訓練用に、東京都大田区に新たな訓練施設を開設。

画像

夏の秋田港クルーズ列車

「秋田港海の祭典」にあわせ、秋田港クルーズ列車が運転。運転日は7月27日、28日。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨でもイベント続々!6月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鉄道未来インデックス

  • つくばエクスプレス8両化[2030年代前半]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: