つくばエクスプレスに新型TX-3000系導入、首都圏新都市鉄道

2018年6月8日(金)10時43分

TX-3000系(イメージ)
TX-3000系(イメージ)

首都圏新都市鉄道は7日、新型車両TX-3000系を導入すると発表した。

TX-3000系の車両デザインは、現行のTX-1000系とTX-2000系のイメージを継承し、進化させたもの。車体は、現行車両を継承しつつ傾斜の強化やヘッドライトの形状変更により先鋭感を協調したデザイン。配色についても、現行車両のブルーとレッドを継承しつつ、配色パターンを斜めのラインとすることで、スピード感を表現する。

車内では、各ドア上部に42インチハーフの液晶車内案内表示器を搭載。また、連結面や座席袖仕切りには強化ガラスを採用し、車内の見通しを改善するほか、座席のクッション性改良、側面大窓ガラスへのUVカットグリーンガラス採用、吊り革の増設など、快適性を向上する。

機器面では、制御装置にSiC素子を適用したVVVFインバータを採用。前灯はLEDとし、現行車両のHIDと同等以上の明るさを確保しつつ、電力消費量を削減する。また、セキュリティ向上や異常時対応のため、車内防犯カメラや前方監視カメラを搭載する。

TX-3000系は、同社の2018~2020年度中期経営計画に盛り込んでいるもので、2020年3月に営業運転を開始する。6両編成の交直流車で、5編成30両を導入する。首都圏新都市鉄道の中期経営計画では、TX-3000系の導入により、最混雑区間における朝ラッシュ時の最大運転本数を、現行の22本から25本へと増やすとしている。

2018年6月8日(金)10時43分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

  • *********、*******

    • 2016年10月20日(木)

    (この記事は鉄道コム有料会員になるとご覧になれます)

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全17件

鉄道コムおすすめ情報

画像

Laview試乗レポ

西武鉄道の新型特急「Laview」に試乗しました。車内設備や快適性は?詳しくご紹介。

画像

丸ノ内線2000系デビュー

東京メトロ丸ノ内線の新型車両2000系が、2月23日に営業運転を開始。

画像

富士急行5000系ラストラン

2月23日、富士急行5000系「トーマスランド号」がラストラン。

画像

奈良満喫フリーきっぷ

大阪府や京都府、奈良県でJR線・近鉄線が乗り放題のフリーきっぷが発売。

画像

春の臨時列車一覧

2019年春に運転される臨時列車のリリースをまとめました。一覧はこちらから。

画像

2月の鉄道イベント一覧

2月の計画をたてるなら、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 常磐線Jヴィレッジ駅開業[2019年4月]
  • 相鉄12000系営業運転開始[2019年春]
  • 相鉄・JR直通線開業[2019年春]
  • 宇都宮ライトレール開業[2019年12月]
  • 近鉄22000系、30000系などカラーリング変更完了[2019年度]
  • 志国土佐時代の夜明けのものがたり運転開始[2020年春]
  • 田町~品川間新駅暫定開業[2020年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: