鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

京王、高架化7駅のデザインを発表

2019年5月30日(木)15時38分

芦花公園駅(外観イメージ)
芦花公園駅(外観イメージ)

京王電鉄は30日、笹塚~仙川間の連続立体交差事業に伴い、新たに高架駅となる7駅について、外観デザインを発表した。

連続立体交差事業は京王線笹塚~仙川間約7.2キロが対象で、同区間内の代田橋、明大前、下高井戸、桜上水、上北沢、芦花公園、千歳烏山の7駅を新たに高架化。同社は今回、高架化に伴う各駅の外観デザインを発表した。

代田橋駅は、近隣の歴史的建造物や玉川上水の流れのイメージとして、レンガ調や透明感のある素材を使用。明大前駅では、透明感のある素材を組み合わせたデザインとし、街のにぎやかさなどが感じられるようにする。下高井戸駅のデザインでは、大きなひさしを設けるのが特徴。桜上水駅は、木質調を使ったデザイン、配色にする。上北沢駅では、桜並木との調和を考慮し、落ち着いた色調、透明感のある素材の組み合わせを使用。芦花公園駅は、文学にゆかりのある街を想起させるデザインとして、木質調の縦格子を並べ、書架のイメージを駅舎で表現する。千歳烏山駅は、粗目の格子を全体的に用いたデザインが特徴。街との一体感を演出するとしている。

今回のデザイン決定にあたり、同社では2018年9月から11月にかけ、沿線住民などを対象に意見を募っていた。

2019年5月30日(木)15時38分更新

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。