鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

土讃線の新「ものがたり列車」車内デザインなどを発表、JR四国

2019年5月27日(月)16時43分

内装イメージ
内装イメージ

JR四国は27日、土讃線で運行予定の「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」について、車内デザインなどを発表した。

「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」は、同社の「ものがたり列車」シリーズの3列車目にあたる観光列車。キハ185系2両を対象に、「文明開化ロマンティシズム」をテーマにした内装に一新する。同テーマは、蒸気機関やロケットエンジンを表現し、明治期の装飾表現と融合したインテリアを使用。照明ポール、可変式テーブルの支柱は、機械配管を想起させるデザインとする。また、車両名称として、1号車に「KUROFUNE」、2号車に「SORAFUNE」をあてたうえ、1号車には蒸気船、19世紀末芸術など、2号車には宇宙船、宇宙空間などをそれぞれモチーフにしたデザインを採り入れる。車内設備では、窓向き、対面式の転換が可能な可変式テーブルを各車両に配備するほか、1号車には「高知家の団らんシート」、ガイドスタッフエリアなど、2号車にサービスカウンター、多目的トイレなどを設置する。ガイドの様子、列車の先頭展望をライブカメラを通じて各車両で流す設備も設ける。定員は、1号車が28席、2号車が19席の計47席。

志国土佐 時代の夜明けのものがたりは、2020年春に運行開始予定。土讃線高知~窪川間で運転し、列車名として下りの窪川行きは「立志の抄」、上りの高知行きは「開花の抄」を設定する。ダイヤ、車内で提供するメニュー等の詳細は、決まり次第順次発表するとしている。

2019年5月27日(月)16時43分更新

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。