西武が新型特急001系を発表、愛称は「Laview」

2018年10月29日(月)11時7分

001系「Laview」(画像提供:西武鉄道)
001系「Laview」(画像提供:西武鉄道)

西武鉄道は29日、「西武鉄道 新型特急車両発表会見」において、新たな特急用車両「001系」を発表した。愛称は「Laview(ラビュー)」。

Laviewは、10000系「ニューレッドアロー」を置き換える車両。2018年度に8両編成2本、2019年度に同5本の計7編成を導入する。

車両形式は、西武鉄道の次世代のフラッグシップトレインとして、「いままでに見たことのない新しい車両」であること、「次の100年に向けた出発点である車両」などを表現し、100年を逆から表した「001系」とした。「00」には、無限(∞)の可能性の意味も込めているという。英語表記は「001_series(ダブルオーワンシリーズ)」。愛称の「Laview」は、「贅沢(Luxury)なリビング(Living)のような空間」、「矢(arrow)のような速達性」、「大きな窓から移りゆく眺望(view)」の意味を持たせた。これまでの特急車両、「レッドアロー」も意識したという。

デザインコンセプトは、「都市や自然のなかでやわらかく風景に溶け込む特急」、「みんながくつろげるリビングのような特急」、「新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急」。デザインを担当した建築家の妹島和世氏は、「モノとしてのデザインも重要だが、特急といろいろな人が出会って、いろいろな風景と出会うワクワクする体験を作れないか」と考えたという。

車両は、先頭形状を球面形状とした。側面の客室窓は、1350ミリ×1580ミリの大型のものを採用。「沿線の景色を大パノラマで楽しめる」というデザインで、妹島氏は「家の窓に通じるようなイメージ」を描いたという。車体カラーは、都市や自然の中に溶け込むデザインを実現するため、アルミ車体に塗装を施した。このほか、車両機器などは地下鉄への直通に対応した設計としている。

車内の座席には、手動式の可動枕や電源コンセントを搭載。座席背もたれに収納する背面テーブルのほかに、肘掛けに収納するインアームテーブルも設置する。このほか、23インチの大型車内ビジョンを通路上に2枚設置。停車駅案内やニュース・天気予報のほか、車載カメラによる前面展望映像の放映も実施する。サニタリ・パウダールームの改良やフリーWi-Fiの設置、西武鉄道初の採用となる車体動揺防止装置の採用により、車内快適性も向上させる。

Laviewの営業運転開始は、2019年3月。池袋線・西武秩父線の特急「ちちぶ」「むさし」に導入する。停車駅や特急料金は、現行と同様とする。運転開始日や時刻などについては、決まり次第発表するとしている。なお、西武新宿線や地下鉄への直通運転については、現時点では計画していないという。

2018年10月29日(月)15時56分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全5703件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全764件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い九州の列車に一票を

ななつ星in九州、みずほ、ハウステンボス、A列車で行こう、旅人、ことこと列車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

D-TAS区間拡大

新型保安装置「D-TAS」の導入区間が、西広島~岩国間から白市~岩国に拡大。4月26日より供用。

画像

「銀河」のデビューが延期に

5月8日運転開始予定だった「WEST EXPRESS 銀河」、運転開始日が延期に。

画像

スカイライナーが青砥に停車

京成電鉄の「スカイライナー」が、4月11日より当分の間、青砥駅に停車。

画像

京急品川駅が地平に

東京都が京急線泉岳寺~新馬場間の連続立体交差事業に着手。品川駅は地平化し、2面4線に。

画像

4月の鉄道イベント一覧

暖かくなる時期となりました。4月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: