あいの風とやま鉄道、2019年に観光列車の運転を開始

2018年8月13日(月)18時15分

一万三千尺物語(イメージ)
一万三千尺物語(イメージ)

あいの風とやま鉄道は、観光列車「一万三千尺物語」の2019年の導入に向けた準備を進めている。

観光列車は、富山県内外からの新規観光需要を取り込むとともに、富山県の観光を含めた地域振興に寄与するために導入する。コンセプトは、「海越しの立山連峰から世界で最も美しい富山湾まで。高低差 4,000m がテーマのダイニング列車」。列車名の一万三千尺物語は、標高3000メートルの立山連峰と深さ1000メートルの富山湾の標高差を尺で表現。アルプス一万尺とも掛けている。

車両は、経営移管時にJRから譲渡された413系を改造。外観は、朝焼けの立山連峰と富山湾をイメージしたデザインとする。車内は、1号車をカウンター席・ボックス席、2号車をカウンター、3号車をボックス席とし、1・3号車の山側には大型窓を設置。2号車では地酒などのドリンク提供や土産物販売を実施する。内装デザインは、「413系の歴史的情緒と富山独特の自然的風雅を調和させた」もの。天井やテーブルなどに、富山県産の「ひみ里山杉」を使用する。

一万三千尺物語は、冬期を除く土曜・休日を中心に、年125日程度の運転を予定。1日あたり2本の運転を検討しているという。あいの風とやま鉄道は、2018年12月にダイヤや料金の概要を発表し、富山駅下り線高架化完了後の2019年春に運転を開始するとしている。

2018年8月13日(月)18時15分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全4件

  • 1ヶ月ぐらい前に発表されましたが富山県の第三セクターあいの風とやま鉄道が413系を改造して観光列車を発表していました。「一万三千尺物語」という名前で流行りのお食事列車のようです。定員は50席くらいと某大...

    achannelさんのブログ

  • こんばんは。いよいよ9月。今年の夏は異常な暑さ、豪雨そして台風と、気象災害に翻弄され続け、正直これ以上の台風上陸は勘弁して欲しいところ。 そろそろ稲穂が実って米の収穫シーズン。美味しいお米と綺麗な...

    キハ40 840さんのブログ

  • イメージ 1

    観光列車花嫁のれんに乗って6

    • 2018年9月4日(火)

    花嫁のれんは特急列車であるが、キハ47という古い車両なので、それほどスピードを出すわけではない。いや、観光列車だけに、むしろのんびり走ってくれた方が、乗車を楽しむことができてありがたい。列車は津幡か...

鉄道コムおすすめ情報

画像

秋田車両センター公開イベ

10月20日、あきた鉄道ふれあいフェスタ2018in秋田車両センターが開催。

画像

国鉄色キハの旅

10月28日、キハ66・67国鉄色編成が小倉~西添田間で運転。

画像

下関ふれあいフェス

車両展示や子ども運転士体験など。10月27日開催。

画像

駅名しりとりの駅つなゲー

第95回駅名あたまとりなどを開催中。キミの「駅名力」を試そう!

鉄道未来インデックス

  • 大阪高速鉄道3000系営業運転開始[2018年秋]
  • 西武新型特急車両デビュー[2018年度末]
  • 養老鉄道旧東急7700系導入[2018年度]
  • 広島電鉄5200形営業運転開始[2019年3月末]
  • 新夕張~夕張間廃止[2019年4月1日]
  • あいの風とやま鉄道一万三千尺物語運転開始[2019年春]
  • 南海9000系リニューアル車両完成[2019年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: