広島電鉄、新型車両5200形を導入 - 鉄道コム

広島電鉄、新型車両5200形を導入

2018年7月26日(木)16時34分

5200形「Green Mover APEX」(イメージ)
5200形「Green Mover APEX」(イメージ)

広島電鉄は26日、新型車両5200形を導入すると発表した。

5200形は、5車体からなる超低床車両。愛称は「Green Mover APEX(グリーンムーバーエイペックス)」とする。5100形「Green mover max」や1000形「GREEN MOVER LEX」と同様、近畿車輛・三菱重工エンジニアリング・東洋電機製造の3社からなる「U3」が製造を担当する。

5200形のコンセプトは「未来×スピード」。車内外を「モノトーン+アクセント」の意匠でまとめ、新しい広島のシンボルとなるデザインとした。外観は、スピードと広島のアクティブさを造形のテーマとし、前面や側面をスピード感を表現しつつ未来的なデザインとした。車内についてもモノトーンアクセント配色でまとめ、車内全体の広がりを演出。都会的でメリハリがあるという空間デザインとした。

5200形の営業運転開始は、2019年3月末。2編成を導入し、広島駅~広電宮島口間の2号線で運転する。

2018年7月26日(木)16時34分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全6件

画像

鉄道コム アンケート実施中

みなさまの鉄道趣味にかける傾向や、鉄道コムへのご意見ご感想をお寄せください。抽選でプレゼントも。

鉄道コムおすすめ情報

画像

鉄道コム アンケート実施中

みなさまの鉄道趣味にかける傾向や、鉄道コムへのご意見ご感想をお寄せください。

画像

南海・泉北12000系運用交換

泉北車が「サザン」で、南海車が「泉北ライナー」で運転。

画像

南町田駅が駅名変更

新駅名は「南町田グランベリーパーク」

画像

都内の鉄道遺産を訪ねて

晴海橋りょう、浜離宮前踏切、松住町架道橋など、都内の鉄道遺産を探訪。

画像

駅名しりとりの駅つなゲー

第94回駅名しりとりなどを開催中。キミの「駅名力」を試そう!

鉄道未来インデックス

  • JR西昼間特割きっぷ発売終了[2018年9月末]
  • 秩父鉄道ふかや花園駅開業[2018年10月]
  • 大阪高速鉄道3000系営業運転開始[2018年秋]
  • ICOCAポイントサービス導入[2018年秋]
  • 西武新型特急車両デビュー[2018年度末]
  • 広島電鉄5200形営業運転開始[2019年3月末]
  • 新夕張~夕張間廃止[2019年4月1日]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード:

鉄道コム forスゴ得

外部サイト

子どもと楽しめる、夏休み鉄道スポット

新館が開業した鉄道博物館、各地の鉄道系博物館、夏休みおすすめ親子向け列車などを紹介

スゴ得契約者なら、鉄道コムの未来ニュースやイベント情報も追加契約不要でご覧になれます