JR九州、新型車両2形式を発表

2018年1月26日(金)18時20分

821系エクステリアデザイン
821系エクステリアデザイン

JR九州は26日、新型車両2形式を導入すると発表した。導入されるのは、「821系」近郊型交流電車と、「YC1系」蓄電池搭載型ディーゼルエレクトリック車両。

今回導入される2形式は、老朽化した車両の置き換えが目的。開発コンセプトを「やさしくて力持ちの鉄道車両」とし、旅客に配慮した車内設備と、最新技術を駆使した機器類の搭載を行い、JR九州の今後を担う車両とした。

821系は、「JR九州No.1の省エネ車両」を掲げる近郊型車両。当初は3両編成2本が製造される。車体は815系や817系に類似するデザインで、車内はロングシートとする。また、開発コンセプトの「やさしい」では、車いすやベビーカー用スペースの1編成あたり2箇所の設置、環境負荷への対策としてフルSiCを採用した主回路システムの導入を行うほか、「力持ち」では、安全・安定輸送の追求として、床下主要機器へ冗長性を持たせることで信頼性の向上につなげる。

YC1系は、「JR九州初のシステム搭載車両」を掲げるハイブリッド車両。ディーゼルエンジンにより発電し、モーターを回すディーゼルエレクトリック方式を採用する。車体は裾絞りの無い狭幅とし、車内では一部にボックスシートを配置したセミクロスシートとする。開発コンセプトの「やさしい」では、ハイブリッド車両としたことによる環境負荷への対策のほか、乗降扉の段差を無くしたことによるバリアフリーへの配慮、3箇所設置する乗降扉によるスムーズな乗降の実現を行う。また「力持ち」では、蓄電池アシストによる効率的な走行性能の実現や、電車部品との共通化を行うことによる気動車特有の不具合の低減などを目指す。

このほか、両形式共通の設計では、「やさしい」として座席幅拡大やホームへの照明の設置、LED照明やスマートドアの採用、4か国語対応の案内表示器の設置を、「力持ち」として「台車個別制御ブレーキシステム」や状態監視システム搭載による安全・安定輸送の追求、搭載機器類の共通化によるコスト低減などを考慮する。

搬入時期は、821系が2018年2月末、YC1系が6月末の予定。JR九州は、車両搬入後に営業運転や量産化に向けた走行試験を行い、性能評価を実施していくとしている。

2018年1月26日(金)18時20分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全556件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全171件

( 821系 OR YC1系 )で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全74件

鉄道コムおすすめ情報

画像

しな鉄115系撮影会

12月8日、軽井沢駅にてしなの鉄道115系湘南色と横須賀色の撮影会を開催。

画像

LSEラストランリポート

10月13日の「特急ロマンスカー・LSE(7000形)さよならツアー」をリポート。

画像

E653系が国鉄特急色に

E653系が臨時列車用として水戸支社へ。塗装は485系をイメージしたものに変更。

画像

10月の鉄道イベント一覧

鉄道イベントシーズン到来! 鉄道コムでは現在、500件以上のイベント情報を掲載中…

画像

車両基地関連のイベント一覧

年に1度きりの車両基地一般公開は見逃せません。最新のイベント情報をお見逃しなく

鉄道未来インデックス

  • 大阪高速鉄道3000系営業運転開始[2018年秋]
  • 丸ノ内線向け新型車両導入[2019年2月]
  • 西武新型特急車両デビュー[2018年度]
  • 養老鉄道旧東急7700系導入[2018年度]
  • 広島電鉄5200形営業運転開始[2019年3月末]
  • 新夕張~夕張間廃止[2019年4月1日]
  • E653系国鉄特急色営業運転開始[2019年春ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード:

鉄道コム forスゴ得

外部サイト

「鉄道の日」の注目イベントを紹介

スゴ得契約者なら、鉄道コムの未来ニュースやイベント情報も追加契約不要でご覧になれます