広島高速交通、アストラムライン向け新型車両を導入

2017年7月19日(水)15時34分

アストラムライン新型車両(イメージ)
アストラムライン新型車両(イメージ)

広島高速交通は14日、アストラムライン向けに新型車両を導入すると発表した。

導入する新型車両は、アストラムライン向けの新交通システム車両で、三菱重工業が製造。車体はアルミ合金製で、1994年の開業以来定着してきたアストラムラインのイメージやカラーを継承したデザインにする。車内では、ベビーカー、車いす用のスペースを設けるほか、座り心地を向上させたシートを配備。乗降扉は、安全性を高めたものを採用する。

新型車両は、既存の全24編成の置き換え用として製造。2期に分けて導入し、2019年度から2025年度にかけての1期目は、6両編成11本(66両)を順次投入する。2期目は13編成を導入する予定。

2017年7月19日(水)15時34分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全8件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全18件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い九州の列車に一票を

ソニック、かもめ、九州横断特急、指宿のたまて箱、或る列車、水都、ゆうすげ号…

鉄道コムおすすめ情報

画像

新「アンパンマン列車」導入

JR四国が、2700系の「アンパンマン列車」を新たに導入。運転開始予定は2020年夏。

画像

「鉄道王国」富山

路面電車や観光鉄道、地方都市最大級の私鉄が走る富山県。なぜここまで鉄道が広く普及したのでしょうか。

画像

新駅は「大阪駅」に

おおさか東線の「北梅田駅」は、大阪駅として一体化。従来駅との間には連絡通路を整備。

画像

リゾートみのり引退

陸羽東線を走る「リゾートみのり」が、6月28日をもって引退。最終日にはツアー専用列車「フィナーレ号」も運転。

画像

JR九州の「RED EYE」

設備点検用システムを811系に搭載した「RED EYE」。JR九州が4月1日から運用開始。

画像

3月の鉄道イベント一覧

いよいよ春到来。3月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 沖縄都市モノレールSuica導入[2020年3月10日(火)]
  • 只見線キハE120形営業運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 常磐線全線直通特急運転再開[2020年3月14日(土)]
  • E261系営業運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 羽田空港旅客ターミナル各駅駅名変更[2020年3月14日(土)]
  • つくばエクスプレス増備車両運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 新型名阪特急運転開始[2020年3月14日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: