広島高速交通、アストラムライン向け新型車両を導入

2017年7月19日(水)15時34分

アストラムライン新型車両(イメージ)
アストラムライン新型車両(イメージ)

広島高速交通は14日、アストラムライン向けに新型車両を導入すると発表した。

導入する新型車両は、アストラムライン向けの新交通システム車両で、三菱重工業が製造。車体はアルミ合金製で、1994年の開業以来定着してきたアストラムラインのイメージやカラーを継承したデザインにする。車内では、ベビーカー、車いす用のスペースを設けるほか、座り心地を向上させたシートを配備。乗降扉は、安全性を高めたものを採用する。

新型車両は、既存の全24編成の置き換え用として製造。2期に分けて導入し、2019年度から2025年度にかけての1期目は、6両編成11本(66両)を順次投入する。2期目は13編成を導入する予定。

2017年7月19日(水)15時34分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全2件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全19件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きなライナーに一票を

湘南ライナー、ホームライナー、モーニングライナー、ホームウェイ、S-TRAIN…

鉄道未来インデックス

  • 山陰本線新型観光列車導入[2017年8月]
  • JR北海道新型気動車量産先行車投入[2017年度]
  • 宇都宮ライトレール開業[2019年12月]
  • 近鉄22000系、30000系などカラーリング変更完了[2019年度]
  • 広島高速交通新型車両導入[2019年度]
  • メトロ13000系・東武70000系導入完了[2019年度]
  • JR北海道新型気動車量産車製造[2019年度]