電気式気動車を新造、JR北のキハ40形置き換え

2015年6月11日(木)18時2分

キハ40形
キハ40形

JR北海道は10日、電気式駆動システムを採り入れた新型の一般気動車を新造すると発表した。新型気動車の投入により、キハ40形を置き換える。

新造する一般気動車は、国鉄型気動車キハ40形の置き換え用として投入。従来車両の140両を下回る数を製造する計画で、2017年度に量産先行車として試作車2両を投入する。新型気動車は、JR東日本でも導入を計画している気動車と主な仕様を同一とし、エンジンの動力で発電した電力でモーターを動かす電気式駆動システムを採用。従来の変速機式から電気式にすることで、変速機と車軸をつなぐ推進軸や自在継手など落下につながりやすい部品や、構造が複雑で故障しやすい変速機などの機器をなくすことができ、安全性と信頼性の向上につながるという。また、電車と共通の機器を使うことで、メンテナンスの軽減を図るとしている。車体は、キハ40形と同様、両端部に運転台を設けて1両で運転できるようにするとともに、ワンマン用の設備を設けてワンマン運転にも対応させる。車内設備では、冷房装置を搭載するほか、バリアフリー対策として、車いす対応トイレ、車いすスペースを設ける。

JR北海道は、新型気動車の試作車を使い、走行試験などを実施する予定。冬期の検証を2年にわたり行った上で、2019年度以降に量産車を製造する。新型気動車の投入により、国鉄型気動車のキハ40形を置き換える。

キハ40形は、1977年から1982年にかけて製造された一般気動車で、現在は主にローカル線で運用。古いもので37年が経ち、老朽化が進んでいる。

2015年6月11日(木)18時2分更新

投票・みんなの意見

JR北海道のキハ40形、初めて乗ったのはいつ?

JR北海道の一般気動車キハ40形が、新型気動車の投入により置き換えられます。北海道のキハ40形に、あなたが初めて乗った時期を教えてください。

投票結果(計3項目/237票)

各項目の下部には、最新の支持コメントを表示しています。
各項目の は未投票の項目、 は投票済みの項目であることを示します。

国鉄時代

 69票

  • 北海道ワイド周遊券であちこち乗りつぶした時散々乗った。キハ22やキハ56はぼろかったから、好んで乗ってたような記憶が。(湯ノ岱温泉さん)
  • 乗りつぶしの際に。北海道中どこにでもいました。(Koneさん)

続き

JR発足後

 91票

  • 凄いディーゼルの匂いがしたなぁ〜(ガッチャマンクラウズインサイトさん)
  • そもそも国鉄時代に生まれていません。(S233系さん)

続き

まだ乗っていない

 77票

  • 北海道か...(Y6500さん)
  • 乗りたいです(YUTA鉄さん)

続き

このニュースに関するツイート(新着順)

全105件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全422件

鉄道コムおすすめ情報

画像

189系M52編成ラストラン

4月22日、189系「グレードアップあずさ色」のラストランツアーが開催。

鉄道未来インデックス

  • E235系車内防犯カメラ設置開始[2018年春]
  • 東急2020系導入[2018年春]
  • 都営浅草線5500形導入[2018年春]
  • 京王5000系導入[2018年春]
  • 京王座席指定列車導入[2018年春]
  • ICOCA3エリア相互利用開始[2018年夏]