阪神、新型5700系を導入

2015年3月30日(月)17時56分

5700系(外観イメージ)
5700系(外観イメージ)

阪神電気鉄道は30日、新型普通用車両5700系を2015年夏ごろに導入すると発表した。同社の普通用車両における新タイプの新造は20年ぶり。

新型車両5700系は、ステンレス製の車両で、外観には同社の普通用車両を象徴するブルーを先頭の一部のほか、側面ドア部を囲むように円形で入れる。先頭部は黒を基調色とする。客室内では、床、座席、吊り手、出入口の取っ手にブルーを配色する。車内設備では、32インチハーフサイズの液晶ディスプレイ、乗客が操作可能な扉開閉ボタン、マイコン制御方式の冷暖房装置を設置。吊り手、握り棒の増設、座席仕切り板の中間部と端部への配置、車両間貫通扉の全面ガラス化なども行い、車内空間の快適性を高める。このほか、バリアフリー対策として、優先座席のスペースの明確化、低い位置の吊り手の設置、荷棚の位置下げを行う。省エネルギー対策としては、電力回生ブレーキ付きのVVVFインバータ制御の採用により、既存の5001形車両と比較して消費電力を半減。全ての照明器具のLED化、車外行先表示器のフルカラーLED化も行う。4両1編成での定員は、座席と立席を合わせて514人。

5700系は、同社の新タイプの普通用車両としては20年ぶりとなる新型車両。4両1編成を2015年夏ごろに導入し、2016年度以降も順次新造する。

2015年3月30日(月)17時56分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全489件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全448件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

牛肉どまん中、花咲かにめし、いかめし、菜の花弁当、鯛めし、雪だるま弁当…

鉄道コムおすすめ情報

画像

150年前の築堤を保存へ

品川エリアで150年前の「高輪築堤」が出土。JRは保存や一般公開を検討。

画像

ロマンスカー10両を展示

「ロマンスカーミュージアム」の展示詳細が発表に。LSEの実物運転台によるシミュレーターも。

画像

北鉄8903+8913号運転終了

12月18日、北陸鉄道の8000系8903+8913号車が営業運転を終了。19日は撮影会を開催。

画像

ありがとうキハ40・48形

「ありがとう『キハ40・48形』」企画の一環で、五能線歴代塗装デザインのステッカーが同線の列車に掲出。

画像

NEXでテレワーク

両国駅で実施された、E259系によるシェアオフィスの実証実験。その背景は?

画像

12月の鉄道イベント一覧

波乱の2020年もあとわずか。12月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • JRグループダイヤ改正[2021年春]
  • 東北新幹線上野~大宮間速度向上[2021年春]
  • きのくに線紀伊田辺~新宮間227系導入[2021年春]
  • 伯備線ICOCAエリア拡大[2021年春]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2020年度]
  • 奥羽本線秋田~土崎間新駅開業[2021年3月]
  • 常磐線各駅停車ATO導入[2020年度末]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: