「携帯電話電源オフ車両」を終了、阪急

2014年6月25日(水)18時22分

阪急 赤紫色(マゼンタ)の優先座席(イメージ)
阪急 赤紫色(マゼンタ)の優先座席(イメージ)

阪急電鉄は25日、列車内での携帯電話の取り扱いを変更し、1両全体を電源オフとするルールをとりやめると発表した。

同社では、車両編成のうちの1両に「携帯電話電源オフ車両」を設定し、同車両に乗車する乗客全員が携帯電話の電源を切るというルールを実施してきた。携帯電話などから出る電磁波を回避する必要がある乗客を想定し、11年前の2003年7月に導入した。当初は心臓ペースメーカーなどの植込み型医療機器に与える影響を考慮し、同医療機器の装着箇所と携帯電話端末との距離を保つことを定めた総務省の指針を根拠としていたが、2013年1月に同指針が見直され、離す距離が短縮。携帯電話の利用形態が、通話からメールやインターネットに移行しているという状況もふまえ、列車内での携帯電話の取り扱いを変えることにした。変更日は、7月15日(火)。今回の変更により、携帯電話電源オフ車両は運用をとりやめ、各車両の優先座席付近では混雑時に携帯電話電源を切るルールとする。「携帯電話電源オフ車両」を設定している能勢電鉄、神戸電鉄、大阪市交通局地下鉄堺筋線でも、同様に変更する。

阪急では、優先座席の設定も見直し、阪急の3つの本線では、各車両の神戸、宝塚、京都寄りに位置を統一する。優先座席を示すステッカーのデザインも順次変更。優先座席の色も赤紫色(マゼンタ)に順次変更する。

JR西日本などのほかの関西の鉄道事業者は、7月1日(火)以降、優先席付近の携帯電話のルールを順次緩和する。「優先座席付近では携帯電話の電源をお切りください」としている案内に、「混雑時には」を加える。車内での携帯電話の使用に関するルールは、関西の鉄道事業者25社局で統一されることになる。

2014年6月25日(水)18時22分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全10件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全11件

鉄道コムおすすめ情報

画像

ラベンダー編成デビュー

キハ261系「ラベンダー」編成が、5月8日の臨時列車「HOKKAIDO LOVE! FURANO」号でデビュー。

画像

羽田空港アクセス線の現状

JR東日本が計画を進める新路線「羽田空港アクセス線」。その予定地の現状は?

画像

路線名は「西九州新幹線」

九州新幹線武雄温泉~長崎間の路線名は「西九州新幹線」に。2022年秋ごろ開業予定。

画像

東海道新幹線乗り放題

東海道新幹線が乗り放題のワーケーションプラン。1人1室6泊7日で9万円から。

画像

車両愛称が発表

「芳賀・宇都宮LRT」の車両愛称は「ライトライン」に。全19停留場の正式名称も発表。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり……駅名をつないで旅行気分。自宅でも盛り上がれる「駅つなゲー」はいかが?

鉄道未来インデックス

  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]
  • 新田駅新駅舎供用開始[2021年末]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: