北海道新幹線、2つの新駅の駅名が決定

2014年6月11日(水)17時32分

北海道新幹線 部分開業区間
北海道新幹線 部分開業区間

JR北海道は11日、北海道新幹線に設ける3駅のうち、2駅の正式駅名を決定した。仮称駅名となっていた「奥津軽」は「奥津軽いまべつ」駅に、同「新函館」は「新函館北斗」駅とする。

駅名が決まった新駅は、海峡線の津軽今別駅付近(青森県今別町)に設置する「奥津軽いまべつ」(おくつがるいまべつ)駅と、函館本線の渡島大野駅付近(北海道北斗市)に設置する「新函館北斗」(しんはこだてほくと)駅。すでに駅名が決定している木古内駅をあわせて、北海道新幹線の駅は、南から順に、新青森駅、奥津軽いまべつ駅、木古内駅、新函館北斗駅となる。

新函館北斗駅の駅名をめぐっては、函館市が「新函館」、北斗市が「北斗函館」を主張。両市ともに譲らず、同社が北海道に意見を聞く形で決めた。北海道は「新函館」と「北斗」の両方を駅名に用いるよう提案したという。

同社は、新駅とあわせて、信号場の正式名称も明らかにした。新青森~奥津軽いまべつ間に設ける信号場は、仮称のままで、新中小国(しんなかおぐに)信号場に。北海道知内町に設置する湯の里信号場(仮称)は、湯の里知内(ゆのさとしりうち)信号場に決定した。

北海道新幹線は、北海道初の新幹線で、2005年5月に着工。2016年春の新青森~新函館北斗間の開業に向け、現在工事が進んでいる。

2014年6月11日(水)17時32分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全3648件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2207件

鉄道コムおすすめ情報

画像

春に変わったICカード

この春、新たなサービス開始が相次いだ交通系ICカード。ついに東海道本線は全線が提供エリアとなりました。

画像

2000系さよならツアー

JR四国2000系のグリーン車、2000形に乗車できる、最後の機会。5月8日、9日、15日に開催。

画像

SL入区見学ツアー

秩父鉄道が、SL入区点検見学ツアーを開催。SL回送列車へ乗車し、広瀬川原車両基地へ入場。

画像

横浜市のデジタル1日券

横浜市交通局が、4月17日よりデジタル版1日乗車券を発売。非磁気タイプの1日乗車券は、5月31日で発売終了。

画像

北東北でSuica導入

JR東日本が、青森、秋田、岩手の3県へのSuica導入を発表。2023年春以降にサービス開始予定。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: