急行リバイバル津軽号(ツアー)

リバイバル津軽号(イメージ)
リバイバル津軽号(イメージ)

JR東日本は、「急行『リバイバル津軽号』で行く秋田・弘前への旅」(ツアー)を販売。「リバイバル津軽号」は、583系電車を使った団体臨時列車で、2013年10月25日(金)に出発。25日は「ゴロンとシート」で車中泊。コースと運転区間(往路)は、秋田コースが上野(17:44頃発)~秋田(翌6:11頃着)で、弘前コースが上野(17:44頃発)~弘前(翌8:35頃着)。秋田コースは、A・Bの2コースが設定。Aが夜行日帰りで10月26日(土)に東京帰着、Bが秋田市内1泊で27日(日)に東京帰着。A・Bとも復路は、秋田新幹線に乗車。秋田コースは、26日開催の「秋田車両センター祭り」に参加可能(9:40頃~11:40頃)。秋田~秋田車両センター間の往復は、スーパーこまち(定員制)に体験乗車。弘前コース(夜行日帰り)は、弘前~新青森間は自由移動で、26日に東北新幹線で東京帰着。旅行代金は、秋田コースAが大人25,800円~、同Bが大人32,500円(3人1室)~、弘前コースが26,200円~。子ども料金の設定あり。募集人数は、秋田コースがA・B合計で先着35人、弘前コースが先着35人。各コースとも、乗車記念品として「津軽」のミニヘッドマークつき。申込はインターネット限定。

2013年9月26日(木)18時25分更新

ひとこと投稿

このイベントに関する情報や感想などを、「ひとこと」でみんなに伝えよう!

このイベントのあなたの「ひとこと」

ニックネームを登録すると、「ひとこと」の投稿フォームが表示されます。

みんなの「ひとこと」

鉄道コムおすすめ情報

画像

川越駅、来夏リニューアル

川越線川越駅が2020年7月にリニューアル。改札口など、「小江戸」の街並みを感じられるデザインに変更。

画像

小田急5000形を詳しく見る

小田急電鉄の新型通勤型車両「5000形」。開放感のある車内などを画像つきでご紹介します。

画像

すみっコラッピング

11月18日より、京急線などで「すみっコぐらし」のラッピング電車が運転。

画像

「SLもおか」重連運転

11月23日、「SLもおか」号が重連で運転。真岡鐵道C11+C12の重連運転は今回がラスト。

画像

11月の鉄道イベント一覧

11月も数多くのイベントが開催されます。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

このイベントをおすすめした人

84人

ヘルプヘルプ


「おすすめに追加」ボタンは、このイベントのおすすめメンバーに加わるためのホダンです。各イベントのおすすめの登録人数は、ランキング結果に反映され、人気のイベントを知ることができます。

イベントの投稿写真は、イベント開催の3日前より投稿できます。当日の様子など、あなたが撮影されたイベントの写真をどうぞご投稿ください。