鉄道コム

京成 2023年カレンダーなど 販売

京成カレンダー2023(表紙イメージ)
京成カレンダー2023(表紙イメージ)

京成電鉄は、「京成カレンダー2023」「京成パンダ卓上カレンダー」を販売。京成カレンダーはA2判15枚綴りの壁掛けタイプで、一般公募による写真などを使用。卓上カレンダーは13枚綴りで、月型、行型の両面仕様。販売額は、京成カレンダーが1,100円、卓上カレンダーが800円。販売開始日は、2022年9月30日(金)。販売箇所は、京成百貨店のオンラインショップ、「GIFT KEISEI JAPANESE SOUVENIR」京成上野駅構内店、沿線のファミリーマート(京成カレンダーは36店舗、卓上カレンダーは7店舗)。京成カレンダーは、京成上野、日暮里、町屋、千住大橋、堀切菖蒲園、青砥、京成高砂、京成小岩、押上、京成立石、京成金町、市川真間、京成八幡、東中山、京成船橋、京成津田沼、八千代台、勝田台、京成佐倉、京成成田、空港第2ビル、京成稲毛、京成千葉、学園前の各駅、リブレ京成(7店舗)、「鉄道甲子園オンラインショップ」などでも販売。販売数は、京成カレンダーが7,000本、卓上カレンダーが900部。売切次第販売終了。

2022年9月21日(水)14時59分更新

ひとこと投稿

このイベントに関する情報や感想などを、「ひとこと」でみんなに伝えよう!

このイベントのあなたの「ひとこと」

ニックネームを登録すると、「ひとこと」の投稿フォームが表示されます。

みんなの「ひとこと」

このイベントのひとことは、まだありません。

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

このイベントをおすすめした人

3人

鉄道コムおすすめ情報

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

「銀色のつばさ」復活

「つばさ」用のE3系1本が、デビュー時のシルバーカラーに塗装変更。2月11日に営業運転開始。

画像

115系カラーコレクション

新潟支社115系の塗装解説・図面集。「JRE MALL」にて受注生産で販売。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

またまだ続く冬。2月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

ヘルプヘルプ


「おすすめに追加」ボタンは、このイベントのおすすめメンバーに加わるためのホダンです。各イベントのおすすめの登録人数は、ランキング結果に反映され、人気のイベントを知ることができます。

イベントの投稿写真は、イベント開催の3日前より投稿できます。当日の様子など、あなたが撮影されたイベントの写真をどうぞご投稿ください。