鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

高崎のEL・DLが営業運転終了へ 私鉄の「観光急行」減便発表も 今週一週間の鉄道ニュース

2024年6月9日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

一週間の鉄道ニュースをご紹介するこの連載。今回は、国鉄型車両に関する話題をご紹介します。

JR東日本高崎支社は6日、同支社管内のEL(電気機関車)・DL(ディーゼル機関車)について、老朽化のため、2024年秋に営業運転を終了すると発表しました。引退するのは、EF64形1001号機・1053号機、EF65形501号機、DD51形842号機・895号機。これまで「ELぐんま」「DLぐんま」といった客車列車や、SL列車を後押しする補助機関車として使われてきました。

引退が発表されたEF65形501号機
引退が発表されたEF65形501号機

JR東日本では、機関車の老朽化対応などとして、新型の事業用車「GV-E197系」「E493系」を導入しています。これまでDLが使われてきた水戸支社管内発の砕石輸送は、4月にGV-E197系に置き換わっており、今後も機関車の置き換えの動きが進むようです。

同支社に聞くと、SL列車の補助機関車については、GV-E197系に役目を置き換えるといいます。SL列車自体の運転終了はないとのことですが、今のように前から後ろまで国鉄型車両で走る形態は、この秋で見納めとなりそうです。

もう一つご紹介するのは、小湊鉄道が運転する「観光急行」。これまで土休日に運転されてきた同列車ですが、同社は6月末以降、運転日を日曜日のみとすると、3日に発表しました。

小湊鉄道の「観光急行」で使われるキハ40形(画像は一般列車の運用時)
小湊鉄道の「観光急行」で使われるキハ40形(画像は一般列車の運用時)

観光急行の減便は、乗務員不足が理由とのこと。他社でも、愛媛県を走る伊予鉄道が、2023年11月から2024年3月までの間、運転士不足を理由として、観光列車「坊っちゃん列車」を運休していました。近年、バス業界ではドライバー不足による減便が相次いでいますが、鉄道業界でも他人事ではないようです。

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道コムおすすめ情報

画像

「バラバラ発表」の理由は?

春、夏とバラバラに発売が発表されている「青春18きっぷ」。その理由は? JRに聞きました。

画像

定期運用を持つ最後の国鉄特急

四国と九州で活躍するキハ185系。国鉄型特急車では定期運用を持つ最後の形式となりました。

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

ハッピートレイン写真募集中!

東急のラッピング車両「いけたまハッピートレイン」。投稿写真を大募集!投稿はこちらから。