鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

JR九州の新D&S列車は「脱・従来デザイン」? 今週一週間の鉄道ニュース

2024年2月25日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週(2月19日~25日)一週間の鉄道関連ニュースから、鉄道コム注目の話題をご紹介します。まず1本目は、JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」についてです。

JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」(イメージ)
JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」(イメージ)

JR九州は今週、「かんぱち・いちろく」の車両デザインや席区分、運転開始日などについて発表しました。デビュー日は4月26日。博多~別府間を久大本線(ゆふ高原線)経由で、月・水・土曜に博多駅発の「かんぱち」を、火・金・日曜に別府駅発の「いちろく」を運転します。

車両の外観は、つやのある黒を基調としたデザインに、ゆふ高原線の路線図をモチーフとしたゴールドライン、駅名によるエッジラインを配置。車内には、ボックスシートや畳個室などの座席が用意されているほか、2号車はラウンジ・ビュッフェスペースとなっています。

この車両のデザインは、鹿児島のデザイン会社IFOOが担当。これまでの同社の車両は、その多くがドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治さんがデザインを担当してきましたが、今回その流れから変わることに。2023年にデザイン担当者が発表された当時から話題となっていました。実際に発表されたデザインは、外装に水戸岡さんデザイン車両のようなレタリングがありつつ、一方で窓からは外の景色を楽しめるようになっていたりと、従来路線を踏襲しつつも、新たな面を見せたような形となりました。

もう一つは、宇都宮ライトレール(ライトライン)の話題。2023年8月に開業した、日本で最も新しい路面電車路線ですが、4月にダイヤ改正を実施すると発表。快速電車の運転開始が盛り込まれました。

宇都宮ライトレール「ライトライン」
宇都宮ライトレール「ライトライン」

全扉での乗降を可能にしたつくりや、道路と並走していながら独立した軌道敷を設けた区間の敷設など、従来の路面電車よりも定時性・速達性に配慮して整備されたライトライン。しかし、開業からこれまでの間は、旅客や乗務員、道路上を走るクルマのドライバーが不慣れなことから、「習熟期間」に位置付けられていました。今回発表されたダイヤ改正では、快速運転の開始のほか、平日は所要時間を全線で約4分短縮するということ。いよいよライトラインの本領発揮となります。

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

車掌車なしの「SL大樹」

東武鉄道の「SL大樹」が、車掌車の連結なしでの運転を開始。C11形123号機けん引限定。

画像

京成宗吾車両基地拡充へ

宗吾車両基地の拡充工事起工式が11日に開催。工事概要などをご紹介します。

画像

「JRE BANK」5月開始

JR東日本グループのネットバンク。運賃・料金4割引の優待券などの特典も用意。

画像

ニコン「Z f」で鉄道写真

ヘリテージデザインのカメラ、ニコン「Z f」。見た目ばかりが話題になる同製品ですが、鉄道撮影では使えるのでしょうか。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。