鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

グリーン車、色、九州新幹線への直通有無どうなる? 「珍しい工事」でN700系に「新形態」誕生へ

2024年2月17日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

JR西日本は2月14日、N700系の16両編成を8両編成に短縮し、山陽新幹線に投入すると発表しました。6本が在籍(2024年2月現在)する500系のうち4本を置き換えるためのもので、2024年度から2026年度にかけて、4本を改造し投入します。

JR西日本のN700系16両編成
JR西日本のN700系16両編成

JR西日本の広報担当者によると、新たに誕生する8両編成は、すべて普通車になるということ。16両編成で組み込んでいるグリーン車は、座席を残置して普通車に変わります。現在の500系にも設けられている、グリーン車の座席を転用した「乗り得座席」が、N700系にも引き継がれることになります。また、カラーリングについても変更の予定は無いとしており、白地に青帯の外観の8両編成という、見た目は同じながら新たな形態が誕生することになります。

置き換えられる500系
置き換えられる500系

JR西日本では、九州新幹線に直通する「みずほ」「さくら」などに使用する車両としても、N700系の8両編成を使用しています。数字だけ見れば同じ「N700系の8両編成」ですが、同社によると、今回改造する車両は「九州新幹線への直通には使用しない」ということ。あくまで500系の置き換え用としての改造で、「こだま」で使用している500系や700系と同じ区間での運用となるといいます。

東海道・山陽新幹線用のN700系(16両)と、山陽・九州新幹線用のN700系(8両)は、同じ形式ではありますが、実のところシステム面の仕様が異なります。東海道・山陽新幹線用の車両では、比較的急なカーブを高速で通過するための車体傾斜装置を搭載しているほか、16両編成中先頭車2両はモーター非搭載の車両という構成。一方、山陽・九州新幹線用では、車体傾斜装置は非搭載。また、九州新幹線の35パーミル(1000メートル進むごとに35メートル登る勾配)という急勾配に対応するために全車モーターつきとなっているほか、桜島などの火山灰対策も盛り込まれています。

山陽・九州新幹線直通用のN700系7000番台。短縮化改造編成と同じN700系8両編成ですが、システム周りは大きく異なります
山陽・九州新幹線直通用のN700系7000番台。短縮化改造編成と同じN700系8両編成ですが、システム周りは大きく異なります

このほか、色はもちろんのこと、短縮化対象は全車普通車、九州新幹線直通用はグリーン車つきという座席区分の違いもあります。そのため、新たに誕生するN700系の8両化短縮編成と、既存の山陽・九州新幹線直通用の8両編成は、同形式・同両数ながら、別々の運用に就くこととなります。

今回のN700系は、今ある16両編成から中間車を抜くことになりますが、鉄道模型のように、単に車両を抜くだけでOK、というわけではありません。今回置き換えられる500系も、16両編成から8両編成へ短縮した際、車両の連結位置を入れ替え、搭載機器を移設するという、内部的には大きな改造が施されました。N700系も500系と同様、もとは16両編成仕様で製造された車両に手を加えるため、大規模な工事が実施されることに。同社の長谷川社長は、記者会見で「JR他社を含めても珍しい工事」と説明しています。

鉄道コムおすすめ情報

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

京成「3200形」2025年冬登場

京成電鉄の新型車両「3200形」。フレキシブルに変更できる車両で、24年度は6両を導入。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

京王に新型「2000系」導入へ

「ラウンド型」のデザインを持つ新型車両。2026年初めに営業運転を開始。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

相鉄10000系リバイバル車投稿写真募集中!

相鉄10000系のリバイバルラッピング車両。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。