鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

阪神なんば線の夢に破れた「赤胴車」がいた 計画頓挫に弄ばれし日陰者・8901形

2024年2月11日(祝) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

阪神の西大阪線が近鉄難波駅(現:大阪難波駅)まで延び、「阪神なんば線」として新たなスタートを切ったのが、2009年3月。この春で開業15周年を迎えます。当時、阪神側は新形式である1000系の新造のほか、9000系の改造を進め、期待の新線の開業に向けて、準備を進めていました。

ですが、それ以前にも、難波延伸を見据えて作られた車両がいたことはご存知でしょうか。「8701-8801-8901形」(以下、「8901形」)と呼ばれた形式です。

「春の選抜高校野球大会」の看板を掲げ、特急運用に就く阪神8901形。じつは難波延伸を見据えて製造された車両でした
「春の選抜高校野球大会」の看板を掲げ、特急運用に就く阪神8901形。じつは難波延伸を見据えて製造された車両でした

この車両は、1974年に製造された「3801-3901形」(以下、「3901形」)が源流。当時の標準である「赤胴車」のスタイルながら、他形式にはない抑速ブレーキを備えていました。これは、西大阪線が難波へ延伸した際、西九条~九条間にできる急勾配に対応するためとされています。つまり、当時の阪神は、現在の1000系などと同じ役目を、この3901形に託していたのです。もし、近鉄線への乗り入れがもっと早く実現していれば、赤胴車が奈良エリアを走る姿が見られたことでしょう。

4両編成3本が製造され、ひとまず本線の運用に投入された3901形ですが、肝心の難波延伸は遅々として進まず。せっかくの装備を持て余した状態で走る日々が続きました。同形式の転機は1986年。故障の多かった1本が廃車され、残った2本(8両)を6両編成と2両編成各1本に組み替え、形式を変更したのです。これで生まれた6両編成が、8901形です。

一度は頓挫した難波延伸の計画が息を吹き返したのは、2000年代に入ってから。このとき、直通には新型の1000系などが充当されることになり、8901形に直通列車を担当させることはありませんでした。結局、同形式は2009年2月に廃車。当初の目的であったなんば延伸線の開業を待たずに、ひっそりと姿を消したのでした。

ちなみに、1986年の編成替えで生まれた2両は「7890形」に形式を改め、2020年6月の引退まで、武庫川線専用で運用されました。現在、このうち1両(7890号車)が、武庫川団地内の敷地内に保存されています。この車両が、かつて難波延伸への期待を背負った車両の、唯一の現存車両です。

武庫川団地の敷地内に安住の地を得た7890号車。かつて難波延伸を夢見た3901形の、唯一の生き残りです
武庫川団地の敷地内に安住の地を得た7890号車。かつて難波延伸を夢見た3901形の、唯一の生き残りです

関連鉄道コらム

鉄道コムおすすめ情報

画像

夏臨の185系はわずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

デビュー20年超の東急車リニューアルへ

2024年度設備投資計画で発表。3000系以外も対象に?東急広報へ聞きました。

画像

近鉄新型の形式名は「8A系」

新型一般車両「8A系」。2024年10月に奈良線・京都線でデビュー。2025年度には名古屋線にも。

画像

「表定速度」日本最速は?

「表定速度」が最も速い列車は? 新幹線と在来線の各列車を見る2024年度版ランキング

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

特急「185」投稿写真募集中!

185系による臨時特急「185」。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。