鉄道コム

鉄道コらム

阪神特急のシンボル 時代を超えた伝統の立役者「赤胴車」

2021年12月11日(土) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

阪神電気鉄道といえば、特急・急行などの速達列車は赤・オレンジ、各駅停車は青と、車体の色が異なることで知られています。その起源は、1958年にデビューした3301形・3501形にまでさかのぼります。同車が「上半身クリーム色、下半身赤色」のツートンカラーを初めて採用。伝統の歴史は、ここから始まったのです。

クリーム色と赤色。阪神の特急・急行といえばこの色だった
クリーム色と赤色。阪神の特急・急行といえばこの色だった

登場後まもなく、このカラーリングは「赤胴車」と呼ばれるようになりました。これは当時、「赤胴鈴之助」というマンガ作品が放送されており、車体の「胴」に当たる部分が赤いことにちなんで名づけられたといわれています。以降、車体スタイルは変わりつつも、1995年まで、速達列車向けの車両はこの塗り分けで製造されました。

その後、2001年登場の9300系、2007年登場の1000系では、別のカラーリングを採用。そして、これまでの車両も、車体更新にともなう塗装変更や廃車により、「赤胴車」は急速に数を減らしていきました。2015年5月には、本線の営業運転を終了。その後も武庫川線には残りましたが、2020年6月2日をもってこちらも引退。約60年にわたる「赤胴車」の歴史に幕を下ろしました。現在、最後まで武庫川線を走った1両が、武庫川団地の敷地内に保存されています。

武庫川団地の敷地内に保存された「赤胴車」
武庫川団地の敷地内に保存された「赤胴車」

なお、色は変われど、「プレストオレンジ」をまとう9300系に「ヴィヴァーチェオレンジ」を採用した1000系、「カインドブルー」帯の5700系などと、「速達は赤・オレンジ系、各停は青系」という阪神の伝統は、いまも変わりません。そして、安住の地を手にした赤胴車の保存車は、伝統の生き証人として、今日も後輩の活躍を見守っています。

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「プレミアムカー」5周年

京阪「プレミアムカー」が導入5周年。ヘッドマーク掲出、グッズ販売、ノベルティ配布などを実施。

画像

東横線に「Q SEAT」導入

有料着席サービス「Q SEAT」が東横線にも。2023年度以降、一部の10両編成に2両を連結し提供。

画像

JR西が支社組織を再編へ

岡山・米子・広島支社を統合した「中国統括本部」の設置など。10月1日に実施。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。