鉄道コム

鉄道コらム

阪神特急のシンボル 時代を超えた伝統の立役者「赤胴車」

2021年12月11日(土) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

阪神電気鉄道といえば、特急・急行などの速達列車は赤・オレンジ、各駅停車は青と、車体の色が異なることで知られています。その起源は、1958年にデビューした3301形・3501形にまでさかのぼります。同車が「上半身クリーム色、下半身赤色」のツートンカラーを初めて採用。伝統の歴史は、ここから始まったのです。

クリーム色と赤色。阪神の特急・急行といえばこの色だった
クリーム色と赤色。阪神の特急・急行といえばこの色だった

登場後まもなく、このカラーリングは「赤胴車」と呼ばれるようになりました。これは当時、「赤胴鈴之助」というマンガ作品が放送されており、車体の「胴」に当たる部分が赤いことにちなんで名づけられたといわれています。以降、車体スタイルは変わりつつも、1995年まで、速達列車向けの車両はこの塗り分けで製造されました。

その後、2001年登場の9300系、2007年登場の1000系では、別のカラーリングを採用。そして、これまでの車両も、車体更新にともなう塗装変更や廃車により、「赤胴車」は急速に数を減らしていきました。2015年5月には、本線の営業運転を終了。その後も武庫川線には残りましたが、2020年6月2日をもってこちらも引退。約60年にわたる「赤胴車」の歴史に幕を下ろしました。現在、最後まで武庫川線を走った1両が、武庫川団地の敷地内に保存されています。

武庫川団地の敷地内に保存された「赤胴車」
武庫川団地の敷地内に保存された「赤胴車」

なお、色は変われど、「プレストオレンジ」をまとう9300系に「ヴィヴァーチェオレンジ」を採用した1000系、「カインドブルー」帯の5700系などと、「速達は赤・オレンジ系、各停は青系」という阪神の伝統は、いまも変わりません。そして、安住の地を手にした赤胴車の保存車は、伝統の生き証人として、今日も後輩の活躍を見守っています。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

往年の名機撮影会

品川駅構内車両基地での機関車など撮影会。EF65-501やEF66-27などが登場予定。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。