鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

ダイヤ改正でまさかの「スーパー」な特急が復活へ 今週一週間の鉄道ニュース

2023年12月17日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週(12月11日~17日)一週間の鉄道ニュースから、鉄道コム注目の話題をご紹介。まずは、15日に発表されたJRグループダイヤ改正の概要についてです。

毎年恒例のJRグループ春のダイヤ改正ですが、2024年は3月16日となることが発表されました。北陸新幹線の延伸開業や、E259系の特急「しおさい」への投入など、今回も話題が目白押しのダイヤ改正となりそう。その中でも筆者が個人的に驚いたのが、奥羽本線の特急「つがる」の停車パターン変更です。

特急「つがる」に使用されるE751系
特急「つがる」に使用されるE751系

「つがる」は、秋田~青森間を結ぶ特急列車。今度のダイヤ改正では、上下各1本が停車駅を見直し、速達タイプとなることに。あわせて、列車名を「スーパーつがる」とすることが発表されました。

JRが発足したころには、既存の列車と停車駅や使用車両を区別するため、多くのJR線で「スーパー○○」と名乗る特急列車が誕生しました。しかしその後、さらなる新型車両の投入などによって、この冠名は減少。JR東日本管内では、2018年の「スーパーあずさ」の名称変更で消滅した……はずでした。今回の名称変更は、5年ぶりの同社管内での「スーパー」な特急の復活となります。

この「つがる」に使用されるE751系は、デビューから2010年の東北新幹線全通までの間は、同新幹線と接続する特急「はつかり」の系統で使用されていた車両です。当時は485系と区別するため、列車名を「スーパーはつかり」としていました。ベースの列車名こそ異なりますが、同形式にとっても、久しぶりの「スーパー」な名称の復活となります。

2つ目の話題は、JR東海が建設を進めるリニア中央新幹線です。同社は14日、国に対し、工事計画の追加や変更を申請。その中に、開業時期を「2027年以降」に変更することが盛り込まれました。

超電導リニアの試験車両、L0系改良型試験車
超電導リニアの試験車両、L0系改良型試験車

これまで「2027年開業」の目標を掲げて建設が進められてきた中央新幹線ですが、多く報道されている通り、静岡県内を通る「南アルプストンネル」のトンネル掘削工事に着手できない状態が続いています。同社ではこれを理由として、開業時期をぼかした2027年以降という計画に変更。具体的な開業時期が見通せなくなり、東京(品川駅)~名古屋間を約40分で結ぶ夢の乗り物の完成が、一歩遠ざかったことになります。

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。