鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

別々のホームなのに「島式」のような駅 構造が物語る利用客増加の歴史

2023年12月1日(金) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

鉄道駅のホームの配置は、複線区間で2つの線路の両側にホームが配置され、それぞれが向かいあっているものは「相対式」、2つの線路で1つのホームを挟んでいるものは「島式」などと呼ばれます。ほかにも「単式」や「頭端式」といった種類がありますが、やはり複線区間で一般的なのは、最初に挙げた2つの方式です。

しかし、中には例外的な配置の駅もあります。たとえば、横須賀線・湘南新宿ラインの武蔵小杉駅や、東京メトロ銀座線の日本橋駅、新橋駅など。線路間に島式ホームがあるのですが、片方の線路には外側にもホームがあり、島式+相対式という構造となっています。

京急線の横浜駅。左側は元々あった島式ホーム(上りホーム)で、右側は後に増設された下りホームです
京急線の横浜駅。左側は元々あった島式ホーム(上りホーム)で、右側は後に増設された下りホームです

これらの駅は、もともとは島式ホームのみが設置されていました。しかし、その後の利用客の増加でホーム上が混雑するようになると、1つのホームで捌ききることが難しくなります。そこで、外側に新しいホームを建設し、2つの線路のホームの役割を分割したのです。元の島式ホームのうち、新しいホームを建設した線路側は、旅客の転落防止などを目的に、基本的に柵が設置されています。

このような工事を実施した駅は、武蔵小杉駅や銀座線の2駅、山手線の品川駅、京急線の横浜駅などと、多くの例が挙げられます。一方で、2つのホームを1つに統合した駅もあります。

ホーム新設工事中の武蔵小杉駅
ホーム新設工事中の武蔵小杉駅

山手線の渋谷駅では、開業時は内回りと外回りが同じ島式ホームを使う構造でした。しかし、その後の利用客増加で、外回り線路の外側に新たなホームが建設され、内外ホームが分離されました。JR東日本では、渋谷駅の改良工事にともない、これをふたたび同じホームに統合する工事を実施。2023年1月の線路切換工事で、山手線渋谷駅は1つの島式ホームに戻りました。

なお、このホームはかつてと同じ島式ではありますが、ホーム幅は統合前の内回り専用時代より拡大。旧内回り・外回りの各ホーム幅を合計した値よりは小さいものの、それでも最大で約16メートルと、広い幅が確保されています。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道コムおすすめ情報

画像

2024年春改正、何が変わる?

北陸新幹線延伸に、E8系デビューなど。春のダイヤ改正の動きを項目別にご紹介。

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。