鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

筑肥線の103系、導入時点でも「型落ち」だった それでもあえて新造されたワケ

2023年11月26日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

玄界灘沿いを走り、福岡県と佐賀県を結ぶ筑肥線は、1983年に福岡市営地下鉄との直通運転が始まり、あわせて姪浜~唐津(~唐津線西唐津)間が電化されました。この際、福岡市営地下鉄側では、1981年の地下鉄開業にあわせて導入された1000系が用意されましたが、筑肥線側の事業者である当時の国鉄では、103系を新造し投入しました。

筑肥線用の103系1500番台
筑肥線用の103系1500番台

103系は、国鉄の旅客用車両では最多製造数をほこる、国鉄通勤型電車の決定版といえる形式です。しかし、その試作車が登場したのは1963年で、量産車のデビューも1964年。1983年当時は新型の201系が営業運転に就いており、さらに営団地下鉄(現:東京メトロ)千代田線直通用の省エネ電車、203系も開発されていました。つまり103系は、当時すでに「型落ち」といえる状態でした。

国鉄では、地下鉄東西線および千代田線への直通用に、103系1000番台・1200番台を投入していました。しかし千代田線では、抵抗制御を採用した103系からの排熱が問題に。特に千代田線では、営団側はチョッパ制御車の6000系を投入しており、こちらは103系のような課題はありませんでした。また、103系と6000系では、省エネ性能の違いによる電気代の差も懸案事項となっていました。これを解決するため、国鉄は201系を基にした203系を開発し、103系を千代田線直通用から順次置き換えていきました。

一方の筑肥線では、駅間距離が長いこと、特に唐津側では列車本数が少ないことから、203系を投入しても大きな省エネ効果が得られません。そのため、「型落ち」形式ではありますが、経済性に勝る103系を新造したのです。

とはいえ、筑肥線用の103系1500番台は、新型車両の設計も一部で取り入れたつくりで製造されました。台車や制御装置などの走行機器類は従来の103系と同じですが、車体設計は201系をベースとしたものに。加えて、前面デザインは従来の地下鉄直通用103系から大きく変更され、105系のような見た目となりました。

筑肥線用の103系は、2015年以降の305系の投入によって、地下鉄直通からは撤退。現在は、筑前前原~西唐津間で、3両編成が運用されています。8月には、デビュー当時の塗装を再現した編成が登場。デビュー40周年を迎えた今も、活躍が続いています。

デビュー時の塗装をまとう103系(画像:JR九州)
デビュー時の塗装をまとう103系(画像:JR九州)

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道コムおすすめ情報

画像

2024年春改正、何が変わる?

北陸新幹線延伸に、E8系デビューなど。春のダイヤ改正の動きを項目別にご紹介。

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。