鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

新造か?譲渡か? ことでんの、ちょっと気になる車両更新計画

2023年11月3日(祝) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

香川県高松市を起点に、讃岐の平野を走る「ことでん」こと高松琴平電気鉄道。同社で走る車両は、京浜急行電鉄、京王電鉄、名古屋市交通局からの譲渡車両。大都市を退いた名車が現役で使われていることで、ファンからの人気を集めています。

ことでんに移籍した、元京急の車両
ことでんに移籍した、元京急の車両

そんなことでんですが、近い将来の車両の更新が計画されており、今後、大きな動きが出ると予想されています。

ことでんが車両置き換えの方針を外部に示し始めたのは、2021年頃。同年6月に発表された「移動等円滑化取組計画書」には、「令和6(2024)年度より、老朽化した車両をバリアフリー化された車両に更新していく」とありました。

そして、2023年2月に発表された運賃改定のプレスリリースには、「製造から60年を経過した車両の代替等」という記載が見られます。これにより、「バリアフリー対応車両の調達」によって「車両を更新」するという方針が、改めて示されました。

ここで気になるのが、「どんな車両が入るか」ということ。他社からの譲渡であれば、現在ことでんを走る車両と同じ18メートル級の車両であることが、ひとつの条件となります。それを考えると、同社への譲渡実績が豊富な京急で、現状の最古参である1500形が有力でしょうか。

ことでんが譲渡を受ける場合の有力候補?京急1500形
ことでんが譲渡を受ける場合の有力候補?京急1500形

ですが、ことでんが2023年7月に発表した「移動等円滑化取組計画書」に、次のような記載が見られます。

「令和6(2024)年度よりバリアフリー化された車両の設計を始め、令和7(2025)年度より車両の更新を行う」

「設計を始め」の部分に、完全新造の可能性がにじみ出ています。その場合、これまで譲渡が続いていたことでんにとって、久々の独自設計車両が誕生することになります。いずれにせよ、2025年度には、いま走っている一部の車両の立場は、危ういものになっていることでしょう。

ファンをあれこれ妄想させる、ことでんの車両更新計画。どのような結果が待っているのか、今後の動きに注目です。

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。