鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

東武にも、長野にも、京阪にも! 小田急だけではなかった「ロマンスカー」

2023年12月5日(火) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

「ロマンスカー」といえば、現在では小田急電鉄の特急列車の代名詞です。しかし、かつては他の鉄道会社にも、ロマンスカーと呼ばれた車両が存在しました。

小田急ロマンスカー、3000形「SE」(左)と、最新の70000形「GSE」(右)
小田急ロマンスカー、3000形「SE」(左)と、最新の70000形「GSE」(右)

そもそもロマンスカーとは、「ロマンスシート」を装備した車両のことでした。これは、ボックスシートではない2人掛けの座席のこと。現在のリクライニングシートや転換クロスシートがこれに相当します。今では珍しくもない座席ですが、この言葉が生まれた当時は、4人が向かい合わせに座るボックスシートが優等車両でよく使われていたため、これをアピールする目的があったと考えられます。

そのロマンスシートという単語を初めて使ったのは、小田急電鉄……ではなく、京阪電気鉄道。1927年にデビューした1550型(後の600型)で、当時のパンフレットには「ローマンスカー」と記載されていたといいます。

このほかの会社でも、京阪に続いてロマンスカーが次々と登場。東武鉄道や長野電鉄、さらには横浜市電や神戸市電などの路面電車にまで、戦前から高度経済成長期にかけて、ロマンスシートを装備した車両が導入されました。

長野電鉄の「ロマンスカー」、2000系の車内
長野電鉄の「ロマンスカー」、2000系の車内

東武鉄道では、100系「スペーシア」の先代のフラッグシップ車両である1720系が「デラックスロマンスカー」(DRC)と名乗っていました。この車両が引退した1991年までは、東武でもロマンスカーの名称が使われていたことになります。

東武鉄道の「デラックスロマンスカー」こと1720系。埼玉県の岩槻城址公園には、先頭車が保存されています
東武鉄道の「デラックスロマンスカー」こと1720系。埼玉県の岩槻城址公園には、先頭車が保存されています

また、「パノラマカー」で知られる名古屋鉄道でも、1955年にデビューした初代5000系を「SR車」(Super Romancecarスーパーロマンスカー)と呼称。以降登場した車両も含め、内部呼称としてはロマンスカーの名称が使われていました。

小田急でロマンスカーの名前が広く使われ始めたのは、1949年のこと。戦後初のクロスシート車両である1910形のデビュー時にこの名称が使われ始めました。1957年には、現在のロマンスカーに通じる特急専用車両、3000形「SE」がデビュー。これ以降、展望席つき車両や「走る喫茶室」といったアピールポイントが次々と生まれ、小田急ロマンスカーとしてのブランドが確立されていきました。

一方、他社ではロマンスカーの名称を次第に使わなくなっていき、1991年の東武1720系の引退で、一般向けに案内する名称としては小田急のみが使用する状態に。そして1993年、小田急がロマンスカーの商標登録を出願(1997年登録)したことで、ロマンスカーは小田急のみの存在となったのです。

【12月5日追記:記事表記を一部訂正しました】

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道コムおすすめ情報

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

「かんぱちいちろく」デザイン

JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」デザインなどが発表に。車内には畳個室も。

画像

N700系4本が「8両化」

JR西日本のN700系16両編成4本が8両編成に短縮化改造へ。500系4本を2026年度までに置き換え。

画像

JR四国の新型ハイブリッド車

JR四国が、導入する新型ハイブリッド式車両の詳細を発表。量産先行車は2025年12月に落成。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。