鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

「おしぼり提供」の非冷房車両が置き換えへ? 山万が車両置き換えに言及

2023年7月4日(火) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

新交通システム「ユーカリが丘線」を運行する山万は、6月29日に発表した2022年の安全報告書において、新車両による車両更新を検討すると発表しました。

開業時から使われている山万1000形
開業時から使われている山万1000形

ユーカリが丘線は、千葉県佐倉市のニュータウン「ユーカリが丘」内を走る路線です。この路線の開業当初から現在まで使われている1000形は、客室内に冷房を搭載していない非冷房車。暑い車内で少しでも利用者に快適に過ごしてもらおうと、近年の同社では、駅や車内にうちわを設置し、おしぼりを提供するサービスを、毎年夏に展開しています。

冷房がない山万1000形の車内
冷房がない山万1000形の車内

そんな1000形は、1982年から1983年にかけて導入された車両で、既に製造から40年が経過しています。一般的な鉄道であれば、置き換えが検討されてもよい時期で、ユーカリが丘線の車両もいよいよ、と思わせます。

一方で懸念されるのが、ユーカリが丘線の規格。同線では日本車両製造が開発した「VONA」という規格を採用していますが、現在これを使用しているのは山万だけ。1社のみの特別な規格となっているため、車両を製造するにもコストが高くつくことが考えられます。

山万では、ユーカリが丘線を補完するバスも運行しています。場合によっては、鉄道を廃止し、バスに置き換えるのでは……と筆者は考えてしまうのですが、安全報告書には「駅務機器更新の検討」「信号保安設備更新の検討」と、今後も鉄道を運行することを前提としたとも読める記述も。あくまで検討ではありますが、今後もユーカリが丘の新交通システムとしての運行が続くことが期待されます。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道コムおすすめ情報

画像

「かんぱちいちろく」デザイン

JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」デザインなどが発表に。車内には畳個室も。

画像

N700系4本が「8両化」

JR西日本のN700系16両編成4本が8両編成に短縮化改造へ。500系4本を2026年度までに置き換え。

画像

JR四国の新型ハイブリッド車

JR四国が、導入する新型ハイブリッド式車両の詳細を発表。量産先行車は2025年12月に落成。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。