鉄道コム

鉄道コらム

伝説の「展望車」が京都鉄道博物館の収蔵品に 今週一週間の鉄道ニュース

2022年9月11日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週一週間(9月5日~11日)の中のニュースの中から、鉄道コム注目の話題をご紹介します。

京都鉄道博物館は8日、「展望車」マイテ49形2号車を収蔵品に追加すると発表しました。この車両は、特急列車が文字通り「特別な急行」だった時代、1930年代から1960年代にかけて、「つばめ」「はと」などの名門列車で使用されていたもの。1961年に一度引退しましたが、1987年に復活し、「SLやまぐち号」などのイベント列車で使用されていました。

京都鉄道博物館で展示されるマイテ49形2号車
京都鉄道博物館で展示されるマイテ49形2号車

マイテ49形2号車は、7月に「建築限界測定用試験車」オヤ31形が同館で展示された際、一緒に常駐していた車両基地から回送され、オヤ31形が車両基地へと戻った後も、そのまま残されていました。同館ではSLが展示されている扇形庫で展示されており、オヤ31形展示の際にはサプライズ展示となっていたのですが、今回の発表にも驚きの声が上がっています。

もう一つ、ネットを騒がせたのが、新幹線500系の解体。1997年に営業運転を開始し、日本で初めて時速300キロの営業運転を実現した500系は、戦闘機にも例えられる鋭い流線形が特徴で、今なお多くのファンに人気の車両です。

一部編成の解体が始まった500系
一部編成の解体が始まった500系

人気の車両とはいえ、2022年でデビューから25年が経過した500系は、新幹線車両としては立派なベテラン。1985年にデビューした100系が2003年に東海道新幹線から撤退するまでの18年、あるいは1992年にデビューした300系が2012年に引退するまでの20年よりも、長い期間活躍しているのです。

今回解体されたのは、3月のダイヤ改正で運用を離脱していた2本。現時点では後継車両の導入発表はないため、他の編成は今後もしばらくは安泰とは思われますが、現役生活の終盤には差し掛かりつつあるようです。

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください