鉄道コム

鉄道コらム

丸ノ内線の車両がひっそり引退? 今週一週間の鉄道ニュース

2022年8月28日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週一週間(8月22日~28日)の中のニュースの中から、鉄道コム注目の話題をご紹介します。

まずご紹介するのは、東京メトロ丸ノ内線の車両の動き。東京メトロでは27日にダイヤ改正を実施したのですが、これにあわせて、丸ノ内線では車両運用に変化が見られました。中野坂上~方南町間での3両編成による運転が消滅し、丸ノ内線全線の列車が6両編成に統一されたのです。この結果、これまで中野坂上~方南町間で使用されてきた3両編成の02系は、どうやら引退となるようです。

3両編成の02系(右)
3両編成の02系(右)

02系は、本線用の6両編成のほか、中野坂上~方南町間用に3両編成の80番台が製造されました。80番台は本線用と異なり、カラー帯に黒色が入っていたり、内装が簡素という違いが見られました。なお、引退の有無について東京メトロ広報部に問い合わせましたが、明確な回答は得られていません。

もう一つ話題となったのが、185系のリバイバル塗装。かつて「新幹線リレー号」や特急「草津」などで活躍していた頃の塗装が再現されることが発表されました。

かつて特急「踊り子」や「草津」などで活躍した185系は、「踊り子」用のストライプ塗装と、「新幹線リレー号」や「草津」などに使用するための横帯塗装の2パターンがありました。紆余曲折を経て現在は前者のストライプ塗装に統一されていたのですが、約25年ぶりに横帯の185系が復活することとなったのです。

185系の横帯塗装は、上野~大宮間の「新幹線リレー号」と接続する新幹線200系をイメージしたものだと言われています。東北・上越新幹線開業40周年を迎えた今年は、E2系による200系リバイバル塗装も登場しています。今後、横帯の185系とE2系リバイバル塗装を乗り継ぐツアーの企画も期待されます。

関連鉄道リポート

関連鉄道イベント情報

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください