鉄道コム

鉄道コらム

航空連合「スターアライアンス」にドイツ鉄道が加盟 日本の鉄道が加わる可能性は?

2022年7月9日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

ドイツの「ルフトハンザドイツ航空」を運営するルフトハンザグループは現地時間7月4日、ドイツ鉄道が8月1日付で、航空連合「スターアライアンス」にインターモーダルパートナーとして加わると発表しました。これまで航空会社のみが加盟していたスターアライアンスにとって、今回のドイツ鉄道は初めての異業種の加入。なぜ航空業界と鉄道がタッグを組んだのでしょうか。

ルフトハンザのスターアライアンス特別塗装機
ルフトハンザのスターアライアンス特別塗装機

実は、ドイツ鉄道とルフトハンザは、1982年から両社が連携し、「ルフトハンザ・エアポート・エクスプレス」を運行してきました。この列車は、ドイツ鉄道が運行する列車にルフトハンザの航空便名を付け、列車を国内線航空便の代わりとするものでした。この「ルフトハンザ・エアポート・エクスプレス」は1993年に廃止されましたが、その後も航空便と列車の連携は続いており、「ルフトハンザエクスプレス」というサービスでは、高速鉄道「ICE」の一部座席が航空機乗り継ぎ客用に確保され、該当座席のチケットは航空便として扱われています。

ドイツ鉄道の高速鉄道「ICE」((c)Markus Mainka- stock.adobe.com)
ドイツ鉄道の高速鉄道「ICE」((c)Markus Mainka- stock.adobe.com)

今回のドイツ鉄道とスターアライアンスの連携は、このドイツ鉄道とルフトハンザの連携サービスに基づくもの。「ルフトハンザエクスプレス」同様にICEが接続航空便として販売されるほか、航空便との乗り継ぎ時にはICE乗車区間でも航空会社のマイルの積算対象となります。

スターアライアンスでは、将来的にインターモーダルパートナーシップを拡大する予定としています。そこで気になるのが日本の鉄道会社が加盟する可能性ですが、筆者はこれは難しいのではないかと考えます。

ドイツでは、航空機では採算が取りづらい区間で鉄道と連携してきたほか、国際空港へ高速鉄道が直接乗り入れるという土壌がありました。一方の日本では、航空会社は大都市間輸送に大型機を投入しており、鉄道と航空ではシェアを上手く分け合っています。また、空港連絡鉄道は、ほとんどが空港と近隣市街地のアクセスを担うのみで、航空輸送と広域鉄道輸送が連携している例は多くありません。

とはいえ、たとえば2029年度に開業を予定するJR東日本の「羽田空港アクセス線」が完成したタイミングで同社が加盟し、特急「ひたち」などが連帯輸送を担う、といったことは考えられます。いずれにせよ、今回のドイツ鉄道の加盟はスターアライアンスにとって初の事例となるので、今後の展開次第では、日本の鉄道会社が加盟する可能性はゼロではありません。

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。