鉄道コム

鉄道コらム

赤い帯のハチゴー、想い出の彼方へ 東急8500系8631編成の引退に寄せて

2022年5月28日(土) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

5月25日、東急電鉄8500系の8631編成が長津田工場へ回送、引退となりました。

引退ヘッドマークを掲げた8631編成(赤帯スタイル)
引退ヘッドマークを掲げた8631編成(赤帯スタイル)

8500系は、1975年から導入された東急の通勤型車両。新玉川線(現・田園都市線渋谷~二子玉川間)、地下鉄半蔵門線への乗り入れに向け、当時東横線などで走っていた8000系をマイナーチェンジするかたちで投入されました。最終的には10両編成38本、5両編成4本の計400両という、東急屈指の大所帯にまで成長。「田園都市線を走る東急の車両は8500系だけ」という時期もありました。

2002年以降、5000系の導入で一部の8500系は置き換えられたものの、260両はその対象外となり、引き続き運転されてきました。しかし、2018年に2020系が投入され、置き換えが再開。2022年春、最後に残った8631編成と8637編成も2023年1月までの引退が発表され、4月20日、両編成に引退記念のヘッドマークが掲出されました。8631編成は、それから約1か月という早い段階で引退を迎えることになりました。

これにより、8500系の赤い帯の車両が消滅。また、装飾のないステンレスの地肌のみの側面スタイル、車内の扇風機、ドアチャイムのない扉の開閉なども、見られなくなります。細かいですが、東急の一時代の区切りともいえるでしょう。

現在、8500系は青い帯の8637編成を残すのみ。引退の日まで、無事に走り切れることを願うのみです。

引退ヘッドマークを掲げた8637編成(青帯スタイル)
引退ヘッドマークを掲げた8637編成(青帯スタイル)

関連鉄道イベント情報

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。