鉄道コム

鉄道コらム

駅に隠されたホームランボール? 阪神電車甲子園駅の熱き野球魂

2022年6月20日(月) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

セ・リーグの球団「阪神タイガース」の本拠地であるとともに、高校球児の憧れの地でもある、「阪神甲子園球場」。その目の前に構えるのが、阪神電車の甲子園駅。長く続いた改修工事が終わり、見違えるほどキレイになりました。そんな甲子園駅ですが、駅の随所に、野球の演出が隠されていることはご存知でしょうか。

ホームに立って上を見てみると、あらビックリ!屋根を支える骨組みの結合部分が、ボールのデザインになっています。まるで場外ホームランのボールを使っているかのよう。ボールデザインのジョイントは、300以上もあるなかで1個だけ。見つけたらラッキーということで、「幸せのボール」とも呼ばれているとか。

鉄骨ジョイント部分にある「幸せのボール」
鉄骨ジョイント部分にある「幸せのボール」

さて、次は少し下。エレベーターの呼び出しボタンが、ボールのデザインです。投げるはずのボールを「押す」という、ちょっと変わった使い方を楽しめます。

呼び出しボタンがボールのデザイン
呼び出しボタンがボールのデザイン

さらに、春と夏の高校野球大会期間中は、案内放送も必聴!列車の接近時、その大会のテーマソングが冒頭のメロディとして流れます。夏の大会に球場へお出かけの方、ぜひ耳を傾けてみてください。

1924年に甲子園球場が完成してから、まもなく100年。駅のボールたちは、阪神電車がいかに野球を大切にしているかの証でしょう。じつは、同駅にはほかにも、野球やタイガースの要素があります。たとえば……いや、何があるかは、あえてヒミツにしておきましょう。ぜひ、ご自身の目で、探してみてください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。