鉄道コム

鉄道コらム

がんばるお父さん、お母さんにエールを 小田急が挑む、子育て応援大作戦

2022年8月2日(火) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

少子化が進み、日本では子どもの人数が減りつつあります。経済面、心理面など、様々な問題が絡み合っているものと思われますが、子育てへの負担感が大きい環境になっていることは事実でしょう。

そんななか、この環境にメスを入れようとする鉄道会社が現れました。小田急電鉄です。2021年11月に「子育て応援ポリシー」を策定し、翌2022年3月のダイヤ変更を機に、本格的な取り組みが始まりました。

とくに人々を驚かせたのが、「小児運賃全線50円均一化」。ICカード利用時に限られますが、50円という破格の均一運賃は、全国的にも初の試みです。子どもにもお出かけを楽しんでもらうことが、その大きな目的とされています。

「50円」の表記が強烈な印象のICカード運賃表
「50円」の表記が強烈な印象のICカード運賃表

もうひとつ印象的なのが、「子育て応援車両」の設定。「子ども連れの乗客を温かく見守ってほしい」と、周囲の乗客に協力を促すべく導入されました。2021年に一時期、試験的に走った「子育て応援トレイン」を、本格的に導入した恰好といえます。ちなみに、車内の仕様に変化はなく、運賃だけで誰でも乗れます。

通勤車両の3号車に設定された「子育て応援車両」
通勤車両の3号車に設定された「子育て応援車両」

祖父母のいない核家族が多いいま、子育ての負担はどうしても、お父さん、お母さんに集中します。その負担を分け合えれば、社会が子育てをもっと受け入れてくれれば、これほど心強いものはないでしょう。子育てを楽しく、そして、応援できる沿線へ。小田急電鉄が、新たな施策に挑みます。

関連鉄道イベント情報

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。