鉄道コム

鉄道コらム

短距離走なら日本一! 阪神ジェットカーのパイオニア「青胴車」

2022年1月19日(水) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

阪神電気鉄道の各駅停車専用車両は、「ジェットカー」と呼ばれています。短い距離の駅間を高速で走れるよう、すぐれた加速・減速の性能を持っており、走る様子がジェット機に例えられたことが由来だそうです。

特急・急行用車両とは性能が大きく異なるため、車体の色でも区別をつけることになりました。1958年の登場時は緑色でしたが、のちにウルトラマリンブルーへ変更。急行系の「赤胴車」に対し、こちらは「青胴車」という愛称がつけられました。

青胴車として最後の生き残りとなった2代目5001形。2022年1月現在では4両編成6本が稼働しています
青胴車として最後の生き残りとなった2代目5001形。2022年1月現在では4両編成6本が稼働しています

その後、車体スタイルの変化を経験しつつも、「各駅停車は青胴車」という時代が30年以上続きました。しかし1995年、阪神淡路大震災復興後の新型車両(5500系)では、新たなカラーリングを採用。ジェットカーとして新たな時代を迎えることになりました。ただし、新型車両も色合いは青色がベースとなっており、「青い車両は各駅停車専用」という伝統は、現在も引き継がれています。

行先表示にサボを使用していた5311形。2010年10月まで見ることができました
行先表示にサボを使用していた5311形。2010年10月まで見ることができました

2010年代に入っても多くの青胴車が運転されていましたが、2015年、新世代のジェットカーとして5700系が登場。これにより置き換えが急速に進み、2022年1月現在では、5001形(2代目)4両編成6本が残るのみとなりました。2023年度までには置き換えが終わり、青胴車は見納めとなる予定です。

阪神の短距離走者のパイオニアとなった青胴車。俊足の伝統を後輩に託し、半世紀以上にわたる歴史に、まもなく幕を下ろします。

関連鉄道コらム

鉄道コムおすすめ情報

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

客車列車が房総へ

DE10形+12系によるツアー列車が、6月に千葉~館山間で運転。

画像

200系カラーのE2系

東北・上越新幹線開業40周年を記念して、E2系が200系カラーに。ツアー列車の運転も。

画像

185系新幹線リレー号

上野~大宮間の「新幹線リレー号」が、7月に団体臨時列車で復活。

画像

夏の鉄道写真はこう撮る!

まもなく訪れる夏。鉄道写真家の助川康史さんが、夏の鉄道写真の撮り方をシーン別に解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。