鉄道コム

鉄道コらム

普段は入れない「印旛車両基地」へ 京成・北総のツアー開催

2021年7月28日(水) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

京成電鉄と北総鉄道、京成トラベルサービスは、7月25日に「北総車両大集合!北総・印旛車両基地見学ツアー」を開催しました。

印旛車両基地見学ツアーの撮影会展示車両
印旛車両基地見学ツアーの撮影会展示車両

今回のツアーは、京成電鉄の3100形で八広駅から印旛車両基地へ向かい、基地内で撮影会を実施するというもの。これまで親子向け以外の一般開放イベントは定期的に開催されておらず、なかなか見学する機会のなかった印旛車両基地が会場ということで、応募倍率は4倍という人気を集めたということです。

撮影会会場に並べられたのは、北総鉄道の7300形、7500形、千葉ニュータウン鉄道の9100形、9200形、9800形の計5本。いずれも印旛車両基地にて管理されている車両です。このうち7300形については、北総鉄道II期線(新鎌ヶ谷~京成高砂間)開業30周年記念ヘッドマークを掲出した7308編成が選ばれていました。

京成電鉄の広報担当者によると、今回のツアーは、車両基地撮影会ツアーのバリエーションの一つとして開催したということ。京成電鉄と京成トラベルでは、2020年の夏以降、鉄道ファン向けのツアー企画を積極的に開催。3500形や3600形の成田スカイアクセス線走行ツアーといった内容のほか、宗吾車両基地での撮影会ツアーも多く実施してきましたが、今回はグループ会社である北総鉄道と連携し、新たな場所での撮影会開催となりました。

なお、3500形・3600形による成田スカイアクセス線走行ツアーのような臨時列車イベントは、新型コロナウィルスの影響で「スカイライナー」が一部運休しているために生まれたダイヤの余裕を活用しています。今後、乗客数が以前の水準に回復し、スカイライナーの本数が元通りになった場合には、成田スカイアクセス線の走行ツアーや、AE形を複数本並べる撮影会といったイベントは難しくなるということ。それでも広報担当者は、「今後もこういったファン向けのイベントは開催していきたい」と、前向きなコメントをしていました。

鉄道コムおすすめ情報

画像

相模線E131系デビュー日決定

相模線E131系の営業運転開始日が決まりました。相模線での運転開始日は…

画像

「黒部ルート」一般開放へ

関西電力の専用線が通る、欅平~黒部ダム間の「黒部ルート」。2024年度の一般開放に向け準備が進められています。

画像

キハ283系来春引退へ

JR北海道が、来春のダイヤ改正概要を発表。キハ283系の定期運用終了、「おおぞら」減車など。

画像

「Max」が登場した事情とは?

10月1日で定期運用を終了するオール2階建て新幹線E4系。この車両が生まれた理由とは?

画像

紳士的な「編成写真」を撮る

鉄道カメラマンが「編成写真」を撮る時に考え、配慮していることとは。鉄道写真なんでもゼミ

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり・・・駅名をつないで旅行気分。「駅つなゲー」の特別編、ただいま開催中です。