鉄道コム

鉄道コらム

両数や編成長……日本で一番長い列車は?

2021年7月10日(土) 鉄道コムスタッフ

鉄道が発達している日本では、長距離列車から都市部の近郊列車まで、長編成の列車が多数運転されています。それでは、日本で一番長い列車は何なのでしょうか?

まずは旅客列車から。鉄道の王様、新幹線では、東北・秋田新幹線の「はやぶさ」「こまち」が、東京~盛岡間を17両編成で連結運転しており、両数ではこれが日本一です。一方、長さで見ると、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」などで使われるN700系、N700Sが、約404メートルと最長。新幹線の車両は全長25メートルが基本ですが、「こまち」で使われるE6系は、在来線直通用として全長が約20メートルと短いため、E5系・H5系と連結した場合でも、N700系などにわずかに届かない約401メートルとなっています。

長さでは旅客列車で日本最長の「のぞみ」
長さでは旅客列車で日本最長の「のぞみ」
両数では旅客列車で日本最大となる「はやぶさ」「こまち」
両数では旅客列車で日本最大となる「はやぶさ」「こまち」

在来線ではどうでしょうか。東海道本線や常磐線など、首都圏の近郊路線では15両編成で運転されているものがあり、在来線旅客列車ではこれが最長。編成長は約300メートルに及びます。なお、特急列車で最長なのは、東海道本線などの「踊り子」「湘南」と「サンライズ瀬戸・出雲」。いずれも最大14両編成で運転されています。

15両編成で運転されている東海道本線
15両編成で運転されている東海道本線
常磐線快速のE231系は、グリーン車を組み込まない編成では日本最長
常磐線快速のE231系は、グリーン車を組み込まない編成では日本最長
交直両用電車では最長となる、常磐線のE531系
交直両用電車では最長となる、常磐線のE531系
最長14両編成で運転される特急「踊り子」
最長14両編成で運転される特急「踊り子」
東京~岡山間は14両編成での運転となる「サンライズ瀬戸・出雲」
東京~岡山間は14両編成での運転となる「サンライズ瀬戸・出雲」

私鉄で最長となるのは、京浜急行電鉄の優等列車。ラッシュ時には品川~金沢文庫間で最大12両編成で運転されています。なお、京急の車両は1両が約18メートルとJRの車両より短く、12両編成では全長約216メートルとなります。

12両編成で走る京急の「快特」
12両編成で走る京急の「快特」

というわけで、日本で最も長い列車は「はやぶさ」「こまち」または「のぞみ」……かというと、実はさらに長いものがあります。それは貨物列車。東海道・山陽本線などの幹線系統では、コンテナ貨車だけで最長26両編成、機関車を含めると27両編成で運転されるものも。さらに、山陽本線の勾配区間、通称「セノハチ」では、後押しする機関車を連結するため、最大28両編成、全長約560メートルという、新幹線よりも長い編成が組まれています。

東海道・山陽本線の貨物列車は、全長が500メートルを超えるものも
東海道・山陽本線の貨物列車は、全長が500メートルを超えるものも

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。