鉄道コム

鉄道コらム

京急の赤色……じゃない、かつて走った「白い京急車」

2021年7月11日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

「白い京急車」の状態で納車された新1000形1201編成
「白い京急車」の状態で納車された新1000形1201編成

東京と三浦半島を結ぶ京浜急行電鉄。そのイメージカラーは赤色で、車両もほとんどが赤色塗装となっています。

この赤色塗装の例外としては、2100形と600形の「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」や、新1000形の「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」、そして黄色の事業用車などがありますが、かつては一瞬だけ、白い京急車が走ったこともありました。

この白い京急車は、何かのラッピング、というわけではなく、塗装工事が途中の状態で、メーカーから納車されたもの。2017年12月から2018年2月にかけて製造された新1000形17次車3本(1201編成、1209編成、1217編成)は、京急では約11年ぶりの全面塗装車となりましたが、メーカーの作業工程の都合により、一部を除き赤色塗装を省略した状態での納車となりました。

ドアや車外スピーカーを除き、赤色に塗装されていない1201編成
ドアや車外スピーカーを除き、赤色に塗装されていない1201編成

この白い京急車は、メーカーの総合車両製作所横浜事業所から、京急の久里浜工場までの間を、日中に自走して回送されており、多くのファンがこの珍しい姿を記録していました。工場に搬入後は残りの塗装作業が進められ、営業運転開始前までには通常の赤い京急車となっています。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

789系、E235系、E655系、211系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

駒沢大学駅リニューアル

東急電鉄が、駒沢大学駅のリニューアル工事を開始。地下区間の他4駅も順次リニューアルへ。

画像

とれいゆワーケーション

「とれいゆつばさ」による「やまがたワーケーション新幹線」が、10月1日に上野~新庄間で運転。

画像

新幹線「かもめ」デザイン

西九州新幹線「かもめ」用N700Sのデザインが発表。「九州らしいオンリーワンの車両」に。

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。